107件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新型コロナ/人手不足感、24ポイント低下 日商・東商調べ (2020/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

内訳としては「フレックスタイム制」が51・3%と最も多く、次いで「裁量労働制(専門業務型、企画業務型)」が45・4%、「変形労働時間制」が42・1%と続いた。

輝け!スタートアップ(46)フラクル (2020/9/10 中小・ベンチャー・中小政策)

現在、フレックスタイム制を導入するなど働きやすい環境整備に奔走する。

(京都・大原佑美子) メーカーという特性上、男性社員の比率が高い中、同社は以前から1時間単位の有給取得、コアタイムなしのフレックスタイム制度など、女性活躍推進に注力。

LINE、出社日数を選択可能に チーム単位、12月末まで (2020/8/20 電機・電子部品・情報・通信2)

同社はコロナ禍での従業員の安全確保のため、1月にフレックスタイムや在宅勤務制度を段階的に導入した。

同年1月のテレワーク制度とスーパーフレックスタイム制度の導入と並行して実施。

ヤフーは15日、10月1日から遠隔勤務の回数制限や、フレックスタイム勤務のコアタイムを廃止すると発表した。

対象は自由勤務時間制(フレックスタイム制)と育児・介護で短時間勤務が可能な適用者で、製鉄所の生産現場などの約1万8000人を除き、ほぼ全員。

子育て・介護・資格取得など、業務外で従業員が抱える事情を考えてフレックスタイムを導入するなど働きやすさを意識すれば、従業員の働きがいは増し、業務へも良い影響を与える。

18年には時短勤務者を対象にフレックスタイム制を適用した。... 柔軟な勤務制度の一つであるフレックスタイム制は90年に導入したが、育児・介護の時短勤務者は適用対象外だった。

再び女性が多数を占めた背景に在宅や時短勤務、フレックスタイム制の採用がある。

新システムの導入で、フレックスタイム制度の活用もさらに促進できると期待を寄せている。

影響を最小限に抑えるため、中小企業の資金繰り支援、さらには特に甚大な影響を受けた産業に対する集中的な支援のほか、(1)テレワークの活用促進(2)時差出勤、フレックスタイム制度など柔軟な働き方の導入促進...

その場合でも時差出勤やフレックスタイムなどを活用して感染防止に努める。

【現場の判断】 IHIは休校の要請に伴い、フレックスタイムや在宅勤務を現場上司の判断でできるようにした。

新型肺炎/オリンパス、フレックス制・在宅勤務を推奨 (2020/3/3 素材・医療・ヘルスケア)

オリンパスは新型肺炎の感染拡大を受け、フレックスタイム制の利用や在宅勤務を推奨している。

拡大フレックスを利用して時差出勤も推奨する。... 通勤時の混雑を避けるため、コアタイムを11時からに設定した。... 4月以降は週2回以上のテレワークと、時差出勤やフレックスタイムを組み合わせた対策...

ダイハツ工業やNTNは国内の従業員を対象に、既存のテレワークやフレックスタイムなどの利用を促している。 ... 椿本チエインは一部の事務職については、既にフレックスタイム制度を導入済...

スーパーフレックスタイム制やテレワークも導入し、環境を整備した。 ... 最初にゴールを確認したり、進行役と別にタイムキーパーを用意したり、個々のルールは簡単だ。

【神鋼商事、フレックスタイム制】 大手鉄鋼商社の神鋼商事もフレックスタイム制度を4月に導入する。

神鋼商事はフレックスタイム制度を4月に導入する。... 国内の連結子会社でも、フレックス制導入に向けて積極的な検討を進める。... 国内に約40社ある連結子会社も、全従業員を対象と...

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる