349件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

放電現象であるプラズマは純度99%以上のヘリウムガスが存在さえすれば伝搬する。そこで材料を入れたガラス容器にヘリウムを充満し、別途ヘリウムを充満した通路を作り、容器の底にプラズマ弾丸をぶつけることで奥...

そこで液体ヘリウム温度(マイナス269度C)以上で超伝導になり、水銀のような毒性はなく、塗布しやすい材料を探す中で私たちはガリウムに注目した。... だが、超伝導になる臨界温度(転移温度)が液体ヘリウ...

ダイバータは核融合炉のプラズマ純度を保つため、ヘリウムなどの不純物を除去する装置。

また、1986年に銅酸化物高温超電導体が発見され、世界中で冷媒として液体ヘリウムを使わない液体窒素冷却での超電導の応用技術(送電、電磁石、モーターなど)が盛んに研究されてきた。

そのため、トリチウムは放射線として電子によるベータ線を放出し、安定な原子であるヘリウム原子に変わる。

HTTRは1600度Cでも放射性物質を閉じ込められるセラミックス被覆燃料粒子をはじめ、耐熱性や伝熱性が高い減速材の黒鉛、冷却材のヘリウムガスを使う。... 例えば熱化学法を利用することで、950度Cの...

現在、主流のヘリウムでの冷却は冷却材が希少で供給が不安定という課題があった。

特に液体ヘリウムによる極低温下では、化学的に活性なラジカルを長時間、維持できる。

独自の粉末飛散防止機構を備え、粉末の帯電・飛散防止に使うヘリウムガスが不要となる。

現状は液体ヘリウム温度での動作だが、液体窒素温度(77K〈Kは絶対温度、0Kはマイナス273度C〉)や室温環境での動作の実現も目指す。

【厳しい入手状況】 ふわりと漂うヘリウム風船。... またヘリウムガスをマイナス269度Cで液化した液体ヘリウムは病院のMRI検査(核磁気共鳴画像法)や低温工学などの学術研究に欠かせ...

UPSは紫外線、MAESは準安定ヘリウム原子を使って光電効果を起こす。

【ヘリウム強化】 最近伸びているのが、光ファイバーや医療、半導体製造などで使われるヘリウムの需要だ。空気中のヘリウムは微量で分離が難しいため、ヘリウムを産出できる天然ガス田がある米国...

同社は液化水素で冷却したヘリウムガスでも一定以上の圧力で安全弁が作動することを確認し、船級認証拡大に成功。

山梨県、産業大賞にVISTA (2020/10/30 東日本)

世界的に供給不足が懸念されるヘリウムガスを用いた一般的な気密度試験装置「リークディテクタ」に代わり、安価なアルゴンガスなど別の気体を用いて自動車部品などの気密試験が行える「アルゴンリークディテクタ S...

ヘリウムガス代替で注目 VISTA(山梨県富士吉田市、大迫信治社長、0555・23・0501)が開発したアルゴンガスで気密部品をリークテストできる「アルゴンリークディテクタSLD―1...

複合軸受型TMPや、半導体・ディスプレー製造装置向けの磁気軸受型TMP、ヘリウムリークディテクターなどもパネル展示する。

陽電子を放出する同127の製造には、加速器で加速した高エネルギーのヘリウムイオンビームをヨウ化ナトリウム試料に照射する必要がある。

VACUUM2020真空展 ONLINE/注目の製品・サービス(2) (2020/10/15 機械・ロボット・航空機1)

ソナスリンク/リーク不良の受託検査サービス ソナスリンク(横浜市緑区、045・479・1735)は、「ヘリウムリークディテクタ」を用いたリーク(漏れ)受託検査サービス(写真は検査の様...

2020年のイグ・ノーベル賞音響賞に京都大学霊長類研究所の西村剛准教授らの「ワニにヘリウムを吸わせた音声実験」が選ばれた。... パーティーグッズのヘリウムをワニに吸わせたときのうなり声を、酸素を吸っ...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる