222件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

土木は交通インフラのうち当社が得意な鉄道工事、今後本格化する高速道路の更新工事の受注を目指す」 「19年度から営業の人員を補強している。... 土木は大半が政府開発援助(ODA)で、...

例えば、ロシア鉄道との共同事業でハバロフスクで健康診断や予防医療サービスを提供するセンターの設立を進めているが、今までの丸紅では出てこなかった案件と言えるだろう。... この点で、これまで特別なモノと...

大手百貨店、鉄道会社、商店街などに、訪日外国人(インバウンド)対応の一環として提案する。... 今後はポルトガル語やベトナム語などの対応も進め、外国人労働者向けの通訳サービスとしても提案していく考え。...

【駐在員最多】 住商とベトナムとの関係は深い。3カ所で工業団地を運営するほか、鉄道や電力プロジェクトなどのインフラ整備、トヨタ自動車のディーラー事業や鋼材加工事業などを同国で展開する...

「交通関係は鉄道プロジェクトでフィリピンなど東南アジアを中心に取り組みを進めており、今後10年ほど伸びていくと期待している。... 「インドネシア、ベトナム、タンザニアなど世界各国で複数のプロジェクト...

ベトナム科学技術局のグエン・ジン・ハウ局長や鉄道車両製造などを手がけるDIAN社のファム・ズック・ビン会長ら10人が、鉄道車両部品製造工程などを視察した(写真)。 ... ビン会長は...

半導体、世界需要取りに行く 西日本鉄道は国際物流を含む物流事業で2025年までに事業収益2000億円達成を目指す。... 「中国の減少分と比較にならないが、メキシ...

経営ひと言/ウィラー・村瀬茂高社長「志も乗せる」 (2019/7/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

「日本の安全の取り組み、運行管理、サービス品質をベトナムに持って行く」と意気込むのは、ウィラー(大阪市北区)社長の村瀬茂高さん。... ベトナムは、鉄道網が発達しておらず、長距離移動は都市間バスがメー...

中央精算システムの接続で、バスや他の鉄道事業者など32事業者との相互利用が可能になるという。 日本信号は15年11月に、インドで鉄道信号などを製造販売する子会社を設立した。... 日...

新工場はベトナム・ハナム省内の「ドンバンIII工業団地」に建設した。... 伊藤鋳造鉄工所のベトナム工場は2カ所目。... 同社は建機や鉄道モーター、船舶機械向けの鋳造部品の製造を手がける。

新社長登場/高島屋・村田善郎氏 働きやすい環境づくり (2019/4/22 建設・生活・環境・エネルギー)

所得の伸びが大きい、ベトナム・ホーチミン店は20年2月期に営業黒字を目指す。... 年末の高架鉄道開通で来店客のアクセスがよくなり、これからもっと伸長する。

鉄鋼需要、東南アで最大 ベトナムは日本の2018年輸出量740万トンのうち、157万トン(21%)を占め、今や韓国に次ぐ第2位のマーケットとなっている。韓国の自給...

将来のベトナムの鉄道産業を担う19―35歳、平均24・5歳の11人が主役だ。... 国土交通省鉄道局の石井昌平局次長は「技能実習を通じた技術移転は日本・ベトナムの協力の歴史に新たな1ページを刻む」と歓...

また東北部はベトナムへの道路もつながっているので、そこを日本企業がどう評価するかだ」と今後の進出状況についての考えを示す。 東北部には南北以外にも、西のミャンマーから東のベトナムへ抜...

インドネシア、ベトナム、タイ、ミャンマー、バングラデシュなどで、当社が得意とする鉄道や道路インフラ整備に取り組む。

カメラ以外の部位での採用や重機、鉄道などモビリティー全体を視野に入れて拡大していきたい」 「生産面では2018年秋に稼働した中国・深圳工場の全自動ラインの効果が見え始めており、残りの...

4月から3年にわたってベトナムから11人の実習生を受け入れる。将来の鉄道現場における人手不足への対応も視野に入れる。 日本ベトナム経済フォーラムが監理団体として指導。

一方で鉄道や港湾設備などのインフラ整備援助により、東南アジア諸国連合(ASEAN)へ政治的影響力が拡大しているのも事実で、南シナ海問題で中国に批判的だったフィリピンが容認姿勢に転じたのをはじめ、ブルネ...

中堅・中小の海外展開支援、ジェトロとJICAが連携 (2019/1/14 中小・ベンチャー・中小政策)

15年にはジェトロの海外展開のための専門家活用助成事業を使って、ベトナム現地法人のガバナンス体制づくりを始めた。... 「ベトナム同様に知識・ノウハウの不足からリサイクルが進んでいない。... ツヤト...

【旭日重光章/近畿日本鉄道元会長・辻井昭雄(つじい・あきお)氏】 叙勲の栄に浴し、身に余る光栄に存じます。... ベトナムから来日して50年。在日ベトナム人会会長...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる