9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

広島大学大学院理学研究科の河野嵩修士課程学生、先進理工系科学研究科の木村昭夫教授らは、高輝度光科学研究センターの室隆桂之主幹研究員と東北大学金属材料研究所の梅津理恵教授らと共同で多機能性の強磁性合金の...

▽柯夢南・東京理科大学助教「AI・IoT時代における高性能・高信頼性Ge―MOSFETの開発と次世代デバイスへの応用」▽松尾貞茂・理化学研究所特別研究員「並列ナノ構造における弾道的電子輸送の解明と機能...

研究グループは、電子スピンの向きをそろえる性質に優れたホイスラー合金と、スピンの向きを保てるグラフェンに着目。試料の酸化を防ぐため、高い真空状態を保ちながらホイスラー合金とグラフェンを成長させる技術を...

【5テラビットに可能性】 NIMSでは(1)強磁性材料にホイスラー合金という規則構造を持つ材料を用いる(2)非磁性材料に金属と酸化物のハイブリッド材料を用いる―というアプローチでCP...

受賞理由は「ハーフメタルをはじめとするホイスラー型機能性磁気材料の物性研究」。... 「ホイスラー合金」と呼ばれる物質のうち、特異な電子状態を持つ「ハーフメタル」は、スピントロニクス分野で記録媒体の記...

▽桜庭裕弥物材機構主任研究員「高スピン偏極ホイスラー合金ハーフメタルを用いた超高性能磁気抵抗素子の実現」▽都甲薫筑波大助教「絶縁体上におけるゲルマニウム結晶薄膜の高品質形成とデバイス応用に関する研究」...

強磁性体であるコバルト合金の薄膜を使った3層構造の素子で、厚さは10ナノメートル(ナノは10億分の1)寸法と現在の膜の半分以下に薄型化した。... コバルト基ホイスラー合金を使って、非磁性体を強磁性体...

京大の瀬戸誠教授は開発した手法により、「鉄系の超電導体や、スピントロニクスの分野で注目されるホイスラー合金を調べたい」と話している。

熱電発電ユニットの材料は鉄やアルミニウムを主原料とするホイスラー合金を利用。同合金を用いた熱電デバイスは1平方センチメートル当たり0・1ワットを発電する。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる