44件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

大阪府立大学の中島智晴教授は「プログラムの動作テストやアナウンスなどをボット(自動応答ソフト)で自動化した」と説明する。

導入予定のロボット台車「BOT(ボット)」が立体保管されているラックの内外を自動走行し、コンテナを運搬する。

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の発表では、ソーシャルメディア上のCOVID―19関連ポストのおよそ4割が信頼できないソースからのもので、4割がボットから自動的に送信されたと指摘している。

【横浜】ビーサイズ(横浜市港北区、八木啓太社長、045・534・4064)は、小中学生がいる世帯向けに人工知能(AI)を活用した位置情報確認サービス端末「GPSボット」の無償提供を始めた。

米ラディシス、AI活用したビデオボット発表 (2020/3/25 電機・電子部品・情報・通信1)

電気通信ソリューションの米ラディシスは、映像・音声・テキスト対応のボット「エンゲージ・ビデオ・アシスタント(EVA)」を発表した。

住民がカスミに、自動応答技術「LINEボット」で食品や飲料を注文し、トルビズオンがその情報を店舗に連絡するとともに店員が注文商品をピックアップ、ドローンポートで運航者に受け渡して、ドローンが届ける。&...

人材施策改善にSNS活用 社内活性効果を見える化 (2019/7/18 中小・ベンチャー・中小政策)

毎日終業時にボットの質問に答えると、組織の目標達成率がグラフ化される。... ボットで対話を支援し、困難を抱える本当に話した方がいい人を見つけやすくなる」と説明する。 仕事が順調なメ...

つぶやきの内容をディープラーニング(深層学習)にかけて人間かボットか識別する。ボットは高度化しており、米国では大統領選挙でフェイクニュースの拡散にボットが利用されたとされている。 ....

メルカリ、社内向けチャットボット稼働 気軽に質問 (2019/5/28 電機・電子部品・情報・通信2)

総務、経理、法務に対応した計3種類のボットをそろえた。

【ビジネスワイヤ】物流サービスの米フェデックスは、自律走行の宅配ロボット「セイムデー・ボット(SameDayBot)」の試作品を発表した。

「顧客はすでに他の企業などで利用している何百種類ものボットをダウンロードして使用できる。

三菱ふそうは、生産現場や開発工程で利用したい協働ロボットなどを試験的に取り扱う施設「ボット・ラボ」を川崎工場内に設けた。... 夜間走行中の安全確保へライトを取り付けるなど、ボット・ラボで安全な使い方...

TISのチャットボット、「アジュール」対応 (2018/5/11 電機・電子部品・情報・通信2)

米マイクロソフトのアジュールボットサービスはアジュール上でボット(人間に代わり自動で作業するコンピュータープログラムの)開発が可能なサービス。

米ツイッターは、いわゆる「ボット」と呼ばれる自動プログラムや手動による同一内容投稿を行うアカウントを停止する(ブルームバーグ)  【シリコンバ...

ドコモ、IVR向け対話システム開発−複雑な問いに自動応答 (2017/11/16 電機・電子部品・情報・通信2)

対話ボットがオペレーターの代わりに電話で応答することで、オペレーターが不在の際の対応ができる。ドコモの対話ボット自動構築技術と、電話放送局のIVRシステムを組み合わせて実現した。 ....

バンダイナムコホールディングスは、AIやIoTとの組み合わせに新たなオモチャのニーズがあるとにらみ、新ブランド「BN・Bot(ビーエヌ・ボット)プロジェクト」を立ち上げた。

画面レイアウトを一般的な検索サイトに近づけてボットの使いにくさを解消した。... また、チャットボットの利用者はボットへあいさつや雑談を投げかける。ボットが雑談を理解するのは難しいが、検索画面調だとそ...

「NAVERは検索技術、我々はタスクを実行するアプリ『ボット』とAIを組み合わせる技術などを持つ。

パナソニックやオウケイウェイヴは、人工知能(AI)を使い、利用者がAIと自然な言葉で対話をしながら必要な知識を得られる「ボット」システムの構築や拡充を進めている。

「それまでにTAISHIの原型となるシステムを会話ボットとしてパソコンやスマートフォンで提供してきましたが、これをロボットに搭載すればフェイス・トゥ・フェイスでリアルにおもしろい活用ができるのではない...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる