272件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

博士課程を修了しても、採用枠が限られ経済的に自立が困難な、いわゆるポスドク問題が発生。

大学は分野により産学共同研究や研究インターンシップ(就業体験)を必須にしたり、海外研究機関の博士研究員(ポスドク)の雇用を獲得したりする。

「産総研としての特徴的な人材育成の取り組みの一つが博士研究員(ポスドク)を受け入れ研究に従事させた後企業に送り出す『産総研イノベーションスクール』。

統計学の研究者層が薄い日本では、博士研究員(ポスドク)を教員候補にするなどの工夫が期待される。

学位取得を目前に控えた大学院生、博士研究員(ポスドク)、任期付きの若手研究者にとって研究活動の停滞は死活問題だ。... 遠隔化や自動化で感染リスクを避けた研究が可能になり、博士課程学生やポスドクなどの...

【実働環境を構築】 ポスドク時代、透過型電子顕微鏡(TEM)を使ってカーボンナノチューブを観察していた。

学生・ポスドク支援対象に 東大IPCは出資とは別のVB起業・育成支援プログラム「ファースト・ラウンド」を運営している。学生や卒業生、博士研究員(ポスドク)ら、VCからの資金調達未経験...

筑波大学は英F1000リサーチと共同で、11月から同大学に所属する常勤教員や博士研究員(ポスドク)、学生などが英語か日本語を選び論文を出版できる仕組みを構築する。

「博士研究員(ポスドク)が研究する環境の改善に務めたい」と真剣なまなざしを見せる。

エピストが19日にオープンするウェブサイト「博士のキャリア」は修士・博士課程学生と博士研究員(ポスドク)が対象だ。

物質・材料研究機構(NIMS)、米国アラバマ大学でのポスドクを経て、11年に研究員としてNIMSに採用。

一つ目は、若手研究人材が活躍できる研究システムの構築で、博士課程学生への給与や生活費の支給、ポスドク期間の後に厳しい選抜を経て独立研究者となるPI(研究室主宰者)制、さらに新任PIへのスタートアップ研...

学位取得後は博士研究員(ポスドク)に切り替わるため、余裕を持って次のポストを探せる。

これを経て今春から、ドイツの大学の博士研究員(ポスドク)に就く例も出てきた。... 生命系では訪問したケルン大学の研究室で、若手がポスドクとして研究を続けることが決まった。

AIの活用に必要な専門知識のある博士号取得者や博士研究員(ポスドク)、それに準ずる知見がある人が対象。

「ポスドク」是正、リーダーに 「博士が100人いる村」という作者不詳の創作童話がある。20人がポストドクター(ポスドク)という設定になっているが、現在わが国では若手研究者の間で、博士...

教員が約80人、5年一貫の博士課程学生が約200人、博士研究員(ポスドク)が約450人と構成も独特だ。 ... 【競争率80倍】 教員雇用の中心は、無期雇用に向けた...

博士(工学)取得、同年、物質・材料研究機構ポスドク、05年研究員、07年主任研究員、10年主幹研究員を経て、16年より現職。

以前は大学院生や博士研究員(ポスドク)として海外に行く日本人が多く、特に米国への留学が目立った。

理研の最前線(57)生体内環境、体外で模擬 (2019/12/16 科学技術・大学)

ポスドク時代まで金属やマイクロロボットなど無機物を相手にモノづくりの研究を進めてきた工学出身の私は、研究対象を細胞に移し実験失敗の数を重ねていく中で、多細胞システムを理解し操作するためには生物のみなら...

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる