525件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

同社は炭酸カルシウム(炭カル)とポリスチレン樹脂の複合素材を用いた「ガンプラ」で減プラの可能性を探ろうとしている。

【福山】DICとエフピコは3日、色や柄のついたポリスチレン(PS)製食品トレーを食品トレーとして再生する水平リサイクルの実用化に向けて協業すると発表した。

岩谷産業、低環境負荷樹脂の国際認証取得 取り扱い拡大 (2022/6/30 建設・生活・環境・エネルギー1)

対象となるのはバイオマス由来のポリプロピレン(PP)、ポリエチレン(PE)、ポリスチレン(PS)、ポリエチレンテレフタレート(PET)の...

岐阜プラ、一般回収プラを再資源化 生ゴミ専用容器開発 (2022/6/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

開発では、大木町のプラゴミを回収業者がポリプロピレン、ポリスチレンなど原料別に分別。

さらに、有機溶媒中にアクリル樹脂やポリスチレンなどのプラスチックを溶解し、この溶液中でアニリンを重合させると、プラスチックとアニリンが分子レベルで複合化したポリマーコンポジットを作製できた。 ...

エチレン生産、5月12%減 2年ぶり設備稼働率90%割れ (2022/6/21 素材・医療・ヘルスケア)

主要4樹脂の国内出荷はポリスチレン(PS)を除き3樹脂で前年を下回った。

挑戦する企業/旭化成(5)基礎素材・石化、環境対応で進化 (2022/6/10 素材・医療・ヘルスケア)

ポリスチレンはケミカルリサイクルの実証実験を行う。

物質・材料研究機構の平井孝昌研究員と内田健一グループリーダーらは、ポリスチレンに互い違いの切れ目を入れて伸縮させ、局所的に吸発熱させることに成功した。

PSジャパン、ポリスチレン樹脂の全グレード値上げ (2022/5/17 素材・医療・ヘルスケア2)

PSジャパン(東京都文京区)はポリスチレン樹脂「PSJ―ポリスチレン」の全グレードを20日出荷分から値上げする。

またポリスチレンやポリプロピレンなども水になじまず、風化で細かくなり生物が誤食する問題がある。

中心の金属原子がスカンジウムの錯体を使い、樹脂の一種「ポリスチレン」に固定してスカンジウムイオンが漏れ出ないよう工夫した。

おうち「ちょい外」も快適に 不満を解消、エクステリア新製品 (2022/5/4 建設・生活・環境・エネルギー)

熱伝導率の低い樹脂であるポリスチレンを採用したほか、樹脂に気泡をつくることで熱が伝わりにくくなる「独立気泡構造」とし、炎天下で一般的な人工木デッキより足に伝わる温度を約4度C低くした。

安価なポリスチレンに水酸基を導入すると水中で使える接着剤になる。

ポリスチレンの側鎖のベンゼン環に水酸基を導入する。... ポリスチレンの側鎖に水酸基を導入するために親水性モノマーを開発した。ベンゼン環に四つから五つの水酸基を導入し、通常のモノマーと1対9の比率で混...

PEやポリスチレン(PS)などの素材の区別に加え、着色剤や難燃剤などの添加剤の区別ができる。

グンゼは、ポリスチレン製収縮フィルムや、ポリスチレンとポリエチレンテレフタレート(PET)の複合フィルムといった非塩ビ製収縮フィルムに順次切り替える。

国内ではポリスチレン製が多く、グンゼはポリスチレンとPETの複合フィルムも展開しているが、いずれも比重が大きいため、PET同様に水に浮かない。

実験ではコンクリートの深さ10センチメートルに剝離(はくり)欠陥を模擬した縦横15センチメートルで厚さ5ミリメートルの断熱材に使われる押出発泡ポリスチレン板を設置。

エチレン生産、1月6%減 主要4樹脂出荷マイナス (2022/2/18 素材・医療・ヘルスケア)

分野別には低密度ポリエチレンはフィルム分野で、ポリプロピレンは射出成形分野で、ポリスチレンは電機・工業用分野を中心に減少。

エチレン生産、昨年6%増 石化協まとめ (2022/1/31 素材・医療・ヘルスケア)

21年12月の主要4樹脂の国内出荷は、高密度ポリエチレン(PE)が前年並み、低密度PEとポリプロピレン、ポリスチレン(PS)は前年を上回った。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン