31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

三井化学は20年度にバンパーやインストルメントパネル(インパネ)などに使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)のインド工場を増設する。... 旭化成もインドでエンジニアリング樹脂コンパウンドの委...

「1台当たりの樹脂使用量を増やしたり、新しい材料を開発したりして対策を進める。... 今後も需要の伸びている国・地域でPPコンパウンド(ポリプロピレン樹脂混練)などの能力増強を粛々とやっていく」...

住友化学はポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の海外生産拠点を拡充する。... ガラス繊維や弾性樹脂を用いた独自製品により、競合する世界大手製品との差別化を図る。世界経済はトランプ米政権が引き起...

挑戦する企業/三井化学(12)顧客起点でR&D推進 (2018/9/4 素材・ヘルスケア・環境)

20世紀はPET以外にもポリエチレンやポリプロピレン、ナイロンなどが次々工業化された。 ... 現在は新しい樹脂をつくっても顧客はほとんど困っていない」と21世紀の研究開発の難しさを...

蘭に自社工場 三井化学は2020年に自動車用バンパーなどに使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)でオランダに欧州初の自社工場を建設する。... PPコンパ...

自動車部材によく使われる世界2位のポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)や樹脂改質材、ギア油添加剤のほか、アジア首位の紙おむつ用高機能不織布など投資案件がめじろ押しだ。

樹脂改質材は自動車部品向けが半分以上を占める。同社の主力であるポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)製品に使うほか、易剥離性(イージーピール性)を生かした包装材、軽くて軟らかい特徴を生かした高級運...

【ラヨーン(タイ)=鈴木岳志】三井化学はタイ合弁会社のグランド・サイアム・コンポジッツ(GSC、バンコク)について、2020年度に同国での自動車向けポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の年産能力...

三井化、3カ年で3600億円投資 車など成長領域で増産 (2018/5/31 素材・ヘルスケア・環境)

三井化学は同日、オランダでのポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)工場新設と、人工知能(AI)搭載の歯科用CADソフトウエア開発を正式発表した。

三井化学は2020年にオランダに自動車向けポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の新工場を建設する。... 自動車分野で金属代替の樹脂化ニーズは欧州に限らない。... 旭化成は20年までにメキシコ...

三井化学はエチレン生産設備の高稼働に加え、世界最大級の生産能力を持つ自動車部材原料ポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の販売が北中米で伸び、通期連結営業利益予想も同130億円増の650億円とした...

世界最大級の生産能力を持つ自動車部材原料ポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の販売も北中米を中心に伸びたのが主因。

特に淡輪社長は発泡ポリプロピレンをアルミニウムで挟んだ高強度の軽量化部材を射出成形で生産する金属樹脂一体成形技術に期待を寄せる。... 三井化学は自動車のバンパーや計器板に使うポリプロピレン樹脂混練(...

積極的な海外投資でヘルスケアや農薬、ポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)などの事業拡大を推進した。

メガネレンズ材料などの機能化学品、自動車部材に使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の販売増が寄与したが、フェノールとPTAを中心とした基礎化学品部門は160億円の赤字(前期は189億円の赤字...

三井化学と子会社のプライムポリマー(東京都港区)は2014年に米国とメキシコで自動車のバンパーや計器板に使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の生産能力を増強する。

≪ブラジルに生産拠点≫ 三井化学と子会社のプライムポリマー(東京都港区)は、自動車のバンパーや計器板に使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の海外生産を強化している。

ブラジルやチリを軸に販売会社の設立を検討し、自動車向けや住宅向け樹脂の販路を開拓する。... 現在、北米に統括会社のカネカアメリカズホールディング(テキサス州)や機能性樹脂を扱う事業会社のカネカノース...

高機能樹脂原料フェノールの市況低迷で基礎化学品部門で赤字が続くが自動車生産増の恩恵を受ける石油化学部門の収益が回復。... 北米やブラジル、アジアで生産を増強した自動車部材向けポリプロピレン樹脂混練(...

三井化学は17日、自動車バンパーに使うポリプロピレン樹脂混練(PPコンパウンド)の生産を米国で増強すると発表した。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる