電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

マスト細胞が分泌する酵素が細胞外で作る脂質代謝物によりマスト細胞が成熟し、アレルゲンへの応答性が高まることが分かった。... マスト細胞の成熟を制御する中心因子がLPAであることを示した。 &...

(安川結野) 【徐々に慣らす】 体内に入った花粉は異物と認識されると、免疫細胞が抗体を作って排除しようとする。このとき、目や鼻の...

東京大学大学院農学生命科学研究科の村田幸久准教授と中村達朗特任助教らは、免疫に関わる細胞「マスト細胞」から放出される物質が、短時間で全身に現れるアレルギー反応「アナフィラキシー」を抑える働きを持つこと...

ダニなどのアレルギー物質に反応する免疫細胞「マスト細胞」が、免疫反応を抑える「制御性T細胞(Tレグ)」を増やし、気管支ぜんそくの症状を抑える作用があることを明らかにした。 &#...

マスト細胞と好塩基球がアレルギーを引き起こす抗原によって活性化されると、E―NPP3が多く発現し、炎症を抑える仕組み。... E―NPP3を欠損したマウスを調べたところ、マスト細胞と好塩基球が活性化状...

細胞膜上にあり外部からの刺激で細胞に増殖の指令を出すたんぱく質「キット」が変異すると、活性化したキットが細胞内にとどまり続けマスト細胞を無限に増殖させることを明らかにした。... 研究グループはキット...

同物質は「マスト細胞」という免疫細胞から産生されている。

白血球の一種であるマスト細胞がヒスタミンを放出する際、マスト細胞に発現するたんぱく質「DOCK5」が関係していた。

東京大学医科学研究所の倉島洋介助教と清野宏教授、医薬基盤研究所などのグループは、免疫細胞の一種である「マスト細胞」(肥満細胞)の性質変化に線維芽細胞が関与していることをマウスでの実験で...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン