4件中、1ページ目 1〜4件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

タイコエレ、カードエッジコネクター 国際通信規格に準拠 (2019/5/16 電機・電子部品・情報・通信2)

複数の通信路を束ねて信号を伝送するマルチレーンの分配方式を採用し、通信規格にとらわれることなく使用できる。

三菱重工業はマレーシアでマルチレーン・フリーフロー(MLFF)方式の料金自動収受システム(ETC)の実証試験を始めた。

今後、三菱重工の技術を活用し、ETCシステムの高度化や、複数車線を走行中の車両に課金できるマルチレーン・フリーフローシステムの導入などで、協業していきたい考え。

日立が採用したのは、毎秒10ギガビットの通信路(光ファイバー)を10本束ねて信号を伝送するマルチレーン分配方式。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる