491件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

メインシナリオとリスクシナリオを区別してはじめて、調達コストのリスクの大きさやその要因が明確となり、具体的なリスク対策を打つことができる。... 当社がお客様に市場見通しを提供させて頂く際は、メインシ...

最大消費国の中国で、不動産大手の中国恒大集団が債務不履行に陥る可能性が高まり、市場のリスク回避的な動きが下押し圧力となった。... ただ、過熱感があった中国の不動産市場に対しては金融機関の備えが広がっ...

市中では「エネルギー価格に対して敏感なアルミ相場は、燃料価格の上昇を受けて下落余地が限定される」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方がある。

米国では、8月の自動車販売台数が季節調整済みの年換算で約1348万台と、前月の約1505万台から大きく減少しており、「目先はパラジウム相場の下落要因となりやすい」(マーケット・リスク・アドバイザリーの...

予算措置か自己資本で吸収 【全社に及ぶ影響】 調達コストのリスク管理の大まかな流れとしては、調達コストのリスクの把握、リスク許容度の設定、リスク対策の設計・実施、と...

市中では「中期的にはOPECプラスの増産や米国の量的緩和の縮小開始を背景に、原油相場は軟調な推移になる」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方が出ている。

今、足元で起こっている現象は、原材料や素材価格などの「市場価格」のリスクの顕在化であり、その対応策は「市場価格リスク対策」の一択しかない。 ... 新型コロナウイルスの抜本的な治療に...

19日にトヨタが、部品供給の停滞を主因に9月の自動車生産を4割減らすと発表して急落したが、23日に米ファイザーなどが開発したワクチンが米国で正式承認され、「株価上昇に連れる形で大幅に上昇した」(マーケ...

リスク対策を打つ前段階で、リスク管理の目的とリスク許容度(予算)を明確化し、リスク対策前のリスクの大きさ(固有リスク)を把握する。そのリスク許容度の水準を意識しながらリスク対策を講じ、対策後のリスク(...

市中では「自動車の生産回復や、(コロナ禍の影響などによる)白金供給側の混乱がなければ、相場は低水準で推移する」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方が出ている。 ...

需要面では、ワクチンの有効性への疑念も出る中で「新型コロナ変異株の感染が拡大していることが、需要の下押し要因になる」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)とみられ、目先は相場の調整圧力が...

従って調達品別にその影響のメカニズムを理解しておくことはリスク管理上、重要な意味を持つ。... 実際、原油価格の上昇とともに、弊社顧客からの都市ガスのリスク管理に関する問い合わせも増えている。 ...

景気回復による米国企業の好決算を背景とした株高を受けて、市場がリスク選好的になり相場が押し上げられた。... 前週から本格化している米国企業の4―6月期決算で市場予想を上回る結果が相次ぎ、株高による市...

米英での新型コロナ感染の再拡大を背景に「経済回復の停滞が懸念された」(国内商社)ことで、市場がリスク回避的になった。 ... ただ、新型コロナ感染の再拡大が続けば「原材料などの物流障...

調達コストのリスク管理において、きめ細かいリスク対策を実施していこうと思えば、この「タイムラグ」は無視できない重要な要素となる。 ... “どの時点”の原油価格の変動が“いつ/どこに...

ただ市中では、「米景気の相対的な回復期待の強さから、ドルやや長期金利には緩やかな上昇圧力が強まると予想され、金相場の中期的な見通しは弱気」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方も...

全ての業務スムーズに回る 調達コストのリスク管理において“事前の値決め”や“ヘッジ”といった対策を実施する主目的は、調達コストのリスク要因が顕在化した際にでも、計画予算を守るために事...

ただ目先では、投機筋の「四半期末を意識した利益確定の動きが続くとみられ、下値余地を探る動きになる」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方がある。

目先では、3月末以降のドル安に伴う上昇分が剥げ落ちる展開となり、「銅は3月末の水準の8800ドル、アルミは2200ドルが下落の目安となる」(マーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表)との見方が...

目的に沿ったリスク選ぶ 「原材料価格の上昇により調達コストが予算を超えて困っている…」。... リスクを目いっぱい取り相場の安値を追求した場合、うまくいけば調達コストの低減に成功する...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる