488件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

支援のための運用方法としては、次期戦闘機と離れた空域を飛行しながら、「敵戦闘機・ミサイルの早期探知」「ミサイル発射」「電子攻撃」を行うことや、敵ミサイルの「おとり」となることなどが想定される。... ...

国産のスタンド・オフ・ミサイルの航空機発射型、艦艇発射型の開発に加え、戦いの方法を一変させるゲーム・チェンジャー技術について、予算の大幅拡充を求めた。

EVのモーター磁石のほか誘導ミサイルなど軍事品にも使うレアアースでは、精製品シェアで約9割を握る中国が輸出統制を強める恐れがある。

日本では輸送艦「おおすみ」やミサイル艇「おおたか」「しらたか」、米軍はドック型輸送揚陸艦「ニューオーリンズ」、仏軍は強襲揚陸艦「トネール」、豪軍はフリゲート艦などがそれぞれ参加、防空・対潜訓練や着上陸...

直接の引き金はハビャリマナ大統領が乗っている飛行機への何者かのミサイル攻撃による暗殺であり、この機に乗じてルワンダの大統領警備隊がラジオ局を制圧し、ウィリンジイマナ首相をはじめとする穏健派の要人も殺害...

米政府は2022年度会計(21年10月―22年9月)から6年間で、273億ドル(2兆9000億円)をミサイル防衛(MD)戦略予算にあてる方針。

政府は25日、北朝鮮から弾道ミサイル2発が発射されたと発表した。防衛省などによると、ミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)外の日本海に落下した。

直近に実現した米印豪日のクアッド会議、あるいは、中国が設けている第一列島線沿いにミサイル防衛網を配置しようとの米海軍の予算要求、さらには、英独仏へのアジア・太平洋地域への軍艦派遣要請などは、まさにそう...

JMU、イージス艦「はぐろ」引き渡し (2021/3/22 機械・ロボット・航空機1)

弾道ミサイル防衛(BMD)機能を備える。

中国は空母やミサイルなどの増強を急速に進めており、国連仲裁裁判所や各国の批判を無視して南シナ海での軍事基地化を進めている。

サウジの事実上の最高権力者ムハンマド皇太子はこの日、北西部ウラーで開かれた首脳会議での演説で「イランの核・弾道ミサイル計画などの脅威に対し、一致協力していくことが最大限必要だ」と強調。

それ以外では宇宙関連経費で約659億円、弾道ミサイル防衛関連経費で532億円、サイバー関連経費で301億円を計上。

スタンド・オフ・ミサイルの空対艦型も要求される可能性が高い。 ... くまのは対艦ミサイルなどに探知されにくいステルス性の形状を備え、魚雷発射管やミサイルなどの電波を受けやすい機器を...

防衛省は9日開いた自民党国防部会で、敵ミサイルの射程圏外から攻撃が可能な長射程巡航ミサイル(スタンド・オフ・ミサイル)の開発費用として335億円を2021年度予算に要求することを説明した。... 米国...

また北朝鮮のミサイル攻撃能力についても、同白書は「重大かつ差し迫った脅威」と最大限の警戒を隠さない。 ... ミサイル防衛の手段であるイージス・システムの陸上配備も取りやめとなり、イ...

陸上配備のアショアに対し、イージス艦新造案、民間フェリー船にイージス・システムを搭載する案、洋上リグにイージス艦並みの機能を搭載する案、弾道ミサイル防衛機能に特化して搭載する案の4案を示した。

詳細は明らかになっていないが、レアアースは誘導ミサイルなどの軍事品にも使われるため規制対象となる可能性があり、「供給が制約されれば相場がさらに上昇する」(同)とみられている。

売却されるのは、最大50機の空軍仕様F35Aや18機の無人機MQ9B、約800発の中距離空対空ミサイルAMRAAMなど。

F15は制空戦闘機として開発されたため空戦性能が高く、双発エンジンでパワーがあるためミサイル搭載能力も大きい。空自では現時点で次期戦闘機にF35同様の高いステルス性と電子戦能力、ミサイル搭載能力、将来...

【ワシントン=時事】米政府は26日、地上発射型の対艦ミサイルシステムの台湾への売却を承認し、議会に通知した。... HCDSは車載型の移動式ミサイル発射システムで、陸上から海軍艦艇を攻撃することが可能...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる