53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

メタネーション(水素とCO2による合成メタン製造)は50年に天然ガスに替わり重要な役割を果たす」 ―カーボンニュートラル時代の電源構成はどうなりますか。

CO2削減に向けて太陽光など再生可能エネルギーの採用拡大、メタネーションなどCO2の再利用、水素・アンモニアの活用などに積極的に取り組んでいく考え。

アサヒグループホールディングス(GHD)は31日、水素と二酸化炭素(CO2)からメタンを合成する「メタネーション装置」を導入し、9月から実証試験を始めると発表した。... メタネーション装置の試験は、...

二酸化炭素(CO2)と水素の反応でメタンを製造する「メタネーション」やアンモニアの燃焼など、当初は半信半疑で取り組んだ技術が脱炭素社会の到来で花開こうとしている。

【1%すら苦しく】 電力・ガス会社も再生可能エネルギーや水素、メタネーションなどの新エネルギーの開発に取り組むが、話を聞けば「30年の実用化は容易でなく、やはり値段は上がる」という。

さらにJFEスチールは高炉排ガス中のCO2を水素と反応させてメタンを合成(メタネーション)し、還元に使う「カーボンリサイクル高炉」、神鋼は100%子会社の米ミドレックスが開発した還元鉄のソリューション...

特に水素は直接発電や燃料電池、製鉄、メタネーション、合成燃料などエネルギー、産業、運輸の各分野への波及効果は大きい。

また、実用化を待つ段階ではあるが、二酸化炭素(CO2)と水素を合成してメタンを生成する『メタネーション』が実現すれば、既存の機器のまま脱炭素に貢献できる。

ガス業界は50年に向けて、水素と二酸化炭素(CO2)からメタンを合成する「メタネーション」に活路を見いだす。

ガス協会長、次期エネ基「天然ガス明記を」 (2021/7/21 建設・生活・環境・エネルギー1)

またメタネーション推進官民協議会の発足を受け「50年には既存インフラを使ったカーボンニュートラルメタンの導入で、経済合理性をもちつつ脱炭素が実現できる」とした。

商船三井、日本製鉄、JFEスチールなど9社で構成するCCR研究会船舶カーボンリサイクルワーキンググループは19日、メタネーション技術で製造されるカーボンリサイクルメタンがゼロエミッション燃料になり得る...

メタネーションで作る合成メタンは気体の合成燃料。

東邦ガス、行動指針策定 30年にCO2を300万トン減 (2021/7/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

メタネーションなど導入 【名古屋】東邦ガスは2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け、中長期の行動指針を策定した。30年までに水素...

東京ガスは7日、水素と二酸化炭素(CO2)からメタンを合成する「メタネーション」の実証実験を2021年度中に開始すると発表した。... メタネーションは将来の都市ガスの脱炭素化に向けた有望な技術の一つ...

水素とCO2からメタンを合成する「メタネーション」などの技術によるエネルギーの再利用や、水素の活用なども視野に入れる。

ガス協会、カーボンニュートラル実行計画策定 (2021/6/11 建設・生活・環境・エネルギー)

実行計画は3段階あり、まずは即効性のある化石燃料から天然ガスへの転換や燃料電池(FC)などのガスの高度利用、次に二酸化炭素(CO2)とCO2フリー水素からメタンを生成するメタネーションの商用化、さらに...

工場などでどう使っていくか考えたい」(佐藤和弘ジェイテクト社長)と言うように水素のインフラ整備や、水素を改質してメタンを合成するメタネーション技術なども重要になりそうだ。

日本ガス協会の本荘武宏会長(大阪ガス会長)は「脱炭素化に即効性がある天然ガスへの徹底した転換と、(水素を改質してメタンを合成する)メタネーション技術などの開発で目標を達成したい」とした。 &#...

天然ガスに転換徹底 ガス協会新会長が抱負 (2021/4/23 建設・生活・環境・エネルギー)

石油や石炭からの天然ガスへの転換は即効性があり、一方でメタネーションなどの技術開発で50年のカーボンニュートラル化に向け取り組む」とした。

日立造船、大阪市にメタン合成実証拠点 9月めど開設 (2021/4/15 機械・ロボット・航空機2)

日立造船は9月をめどに築港工場(大阪市大正区)内で、水素発生装置の組み立てや検査、水素と二酸化炭素(CO2)からメタンを合成するメタネーション技術の実証拠点となる施設「PtGスクエア」を開設する。.....

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる