電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

印刷2社の通期見通し、増収営業増益 ポートフォリオ改革寄与 (2024/5/14 電機・電子部品・情報・通信1)

フォトマスクは両社ともに通期で好調と見ているが、TOPPANホールディングス(HD)は「半導体パッケージ基板の『FC―BGA』が24年前半は厳しい」(黒部隆取締役常務執行役員&...

印刷×情報技術で価値創造 大日本印刷(DNP)は2023年度から3カ年の中期経営計画で、メタルマスクといったエレクトロニクスやバッテリーパウチなどの成長けん...

辰年生まれの経営者 (2024/1/1 辰年生まれの経営者)

主力事業であるメタルマスクやバッテリーパウチは花開くまでに数十年以上かかったが、持続的に成長することが我々の使命だと認識している。

ブルースターR&D/必要部分のみ超音波高速洗浄 (2023/10/2 新製品フラッシュ2)

ブルースターR&Dは、高速の洗浄・乾燥が可能なメタルマスク洗浄機「Mms―40―1400」を発売した。メタルマスクの洗浄が必要な部分のみを超音波振動板と超音波安定保護反射板...

ブルー・スターR&D、メタルマスク高速洗浄機を発売 (2023/9/5 機械・ロボット・航空機1)

【相模原】ブルー・スターR&D(相模原市中央区、柴野美雪社長)は、高速の洗浄・乾燥が可能なメタルマスク洗浄機「Mms―40―1400=写真」を発売し...

「クロスリアリティー(XR)やコンテンツ、メディカル・ヘルスケアに加え、光学フィルムやメタルマスクなどのデジタルインターフェース、半導体関連に注力する。

eLEAPは従来と同じ蒸着方式にもかかわらず、メタルマスクを一切使わず、従来比でピーク輝度を2倍、寿命を3倍に延ばせるなどの優れた特徴を持つ。

印刷2社、成長を加速 新中計の実効性高め収益向上 (2023/6/7 電機・電子部品・情報・通信2)

凸版はデジタル変革(DX)やサステナブル変革(SX)を、DNPはメタルマスクやバッテリーパウチなどを軸に成長戦略を描く。... 営業利益1300億円以上の早期達成に向け...

一般的にハンダボールを搭載する場合、フラックスを塗布する時とハンダボールを製造する時にメタルマスクを使う。マイクロ・テックの装置はフラックスの印刷時のみメタルマスクを使うため、メタルマスクの使用が減り...

イーリープの製造にはメタルマスクが不要なため、投資にかかる費用を従来比2―3割削減できる。

電鋳メタルマスクの加工スペースは全体で2倍になる見通し。 アテネは現在、第一工場(藤沢市)で同様に電鋳メタルマスクを加工している。... アテネはレコード盤製造で培っ...

足元では200億円かけ、黒崎工場(北九州市八幡西区)に、有機ELディスプレー製造用メタルマスクの大型品生産ラインを新設。

展望2023/大日本印刷社長・北島義斉氏 “オールDNP”意識強める (2023/1/25 電機・電子部品・情報・通信2)

注力分野のバッテリーパウチ、メタルマスクなどは投資を継続。

大日本印刷(DNP)は10日、黒崎工場(北九州市八幡西区=写真)に、有機ELディスプレー製造用メタルマスクの大型品生産ラインを新設...

従来の蒸着工程で使われてきたファインメタルマスクが不要になり、マスクの大きさにより制限されてきたガラス基板を大型化することができる。... さらにeLEAPは、メタルマスクが不要になるなど、さまざまな...

メタルマスクは電子部品の実装工程で用いる金属板で、基板にクリーム状のハンダを印刷する際に使用。メタルマスクにあけた微細な穴がハンダで汚れるため洗浄する必要がある。 ... 台のどこに...

ジャパンディスプレイ、次世代有機EL「eLEAP」 来年にも量産 (2022/6/23 電機・電子部品・情報・通信1)

eLEAPは従来と同じ蒸着方式ながらメタルマスクを一切使わず、ピーク輝度を従来比2倍、寿命を3倍に延ばせるほか、曲線を持つ自由な形状も作れる。

ISSF、最優秀技術賞に日鉄ステンレス (2020/5/25 素材・医療・ヘルスケア)

国際ステンレス鋼フォーラム(ISSF、本部ベルギー)は、優れた功績のあったメーカーへの表彰で、最優秀技術賞のブロンズ賞に日鉄ステンレスの「表面実装用高性能ステンレスメタルマスク=...

天竜精機、中国最大手と契約 液晶バックライトで次世代技術 (2019/7/11 電機・電子部品・情報・通信2)

今後、ニホンゲンマが5マイクロメートル粒のハンダを、プロセス・ラボ・ミクロンが厚さ20マイクロメートル厚のメタルマスクを、CKDが印刷品質評価装置技術を持ち寄ることで、関連の印刷技術確立を狙う考えだ。...

天竜精機など4社、LEDバックライト量産チーム 高精細薄膜液晶向け (2019/5/22 電機・電子部品・情報・通信2)

プロジェクトチームは天竜精機と、空圧機器など自動制御機器メーカーのCKD、ハンダメーカーのニホンゲンマ(大阪市淀川区)、メタルマスクメーカーのプロセス・ラボ・ミクロン(埼玉県川...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン