162件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

日立造船イノバ、バイオガス2社買収 (2021/7/15 機械・ロボット・航空機2)

同グループはドイツを中心に主に湿式メタン発酵技術のバイオガス事業を展開する。HZIは乾式メタン発酵技術を保有しており、2社の買収により、乾式・湿式両技術の研究開発から設計、建設、運営、メンテナンスまで...

受賞したのはほとんどの食品工場で利用可能な「高付加メタン発酵処理装置」。油やでんぷんなどの発酵分解性を高め、「得られたメタンガスを発電に再利用できる」のが大きな特徴だ。

エイブル/油・でんぷんを高効率処理 (2021/5/31 新製品フラッシュ)

エイブルは食品工場などの排水処理向けに微生物が分解するのが難しい油やでんぷん、たんぱく質成分などの処理能力を高めた改良型の「高負荷メタン発酵処理装置 UASB―TLP」を発売した。

第48回「環境賞」に5件 (2021/5/10 建設・生活・環境・エネルギー)

【山梨罐詰/「食品工場由来の有機性廃棄物の小型メタン発酵システム」】 山梨罐詰と東京工業大学、静岡県工業技術研究所の3者は、食品工場から発生する有機性廃棄物をメタン発酵することにより...

でんぷん・たんぱく質など難分解成分を分離 エイブルが装置開発 (2021/4/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

メタン発酵まで自動化 【川越】エイブル(埼玉県川越市、小林信彦社長)は、食品工場などの排水処理向けに、微生物が分解しにくい成分の処理能力を高めた改良型の「高負荷メタン発酵処理装置 U...

マルハニチロ、大江工場のバイオガスプラント稼働 (2021/4/6 建設・生活・環境・エネルギー1)

工場で生じる食品残渣や端材などをメタン発酵処理することで、バイオガスを発生。... バイオガスプラントは食品残渣などを発酵する発酵槽と発電機などを設置する機械棟で構成し、発電規模は最大150キロワット...

カーボンニュートラルが叫ばれる中、我々は(農業残さなど)回収した廃棄物をメタン発酵などで肥料化する技術を持つ。

多孔質材料内部に金属種を固定化した触媒を用いて、メタンと二酸化炭素(CO2)からLPGを安定的に得られる。... 家畜ふん尿はメタン発酵によりメタンとCO2が主成分のバイオガスに変換される。バイオガス...

バイオディーゼル岡山、バイオガス発電事業を4月開始 (2021/2/1 素材・医療・ヘルスケア)

飼料や肥料へのリサイクルが難しい状態の食品廃棄物を原料に、そのメタン発酵で生じるガスを利用。

規模に応じプラント設計 【いわき】共栄(福島県いわき市、加賀屋正之社長、0246・27・3300)は、小型分散型メタン発酵システム事業化プロジェクトを立ち上げた。...

大臣表彰には人工光合成による二酸化炭素(CO2)資源化技術を開発した東芝、環境配慮型容器を「カップヌードル」に採用した日清食品ホールディングス、街の電気を再生可能エネルギー100%化する大和ハウス工業...

大栄環境と神鋼環境ソリュ、バイオガス発電に参入 三重に新会社 (2020/10/28 建設・生活・環境・エネルギー2)

食品バイオマス由来によるメタン発酵ガス発電事業は大栄環境グループにとっては初めて。神鋼環境ソリューションがメタン発酵処理施設、発電設備の建設と維持管理を行う。

メタン発酵は食品廃棄物を微生物で分解し、バイオガスを生成、発電やボイラ燃料などで活用する。 実証プラントで得られた技術・運転ノウハウをベースに、21年度中にはメタン発酵の商用プラント...

共栄、畜産廃棄物の発酵・ガス化発電を事業化 福島で本格展開 (2020/4/20 建設・生活・環境・エネルギー)

19年度にサトーファーム(福島県川俣町)にプランET製のメタン発酵装置(1・5立方メートル)のパイロットプラントを設置。38度Cの中温発酵でメタン発酵・ガス化の実証を進めてきた。... 共栄は、いわき...

除染特別地域の耕作放棄地で試験栽培したイネ科の飼料作物ソルガムなどを使い、バイオマスによるメタン発酵の研究も進んでいる。放射性物質は発酵過程で出る水から吸着剤により除去する。

メタン発酵の残さを堆肥に マルトー、再生処理システム製品化 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

マルトー(東京都文京区、田島琢二社長、03・6801・0727)は、メタン発酵の残さ物(消化液)を堆肥に再生処理するシステムを製品化した。福岡県久留米市にあるバイオガス発電所のメタン発酵工程で3月末か...

挑戦する企業/アサヒGHD(14)R&Dの強みに磨きかける (2019/12/16 建設・生活・環境・エネルギー)

「排水をメタン発酵させたガスには不純物が含まれ、これまでボイラで熱エネルギーにしていた。

メタン発酵を用いたバイオマス発電は、地域資源を活用する自立分散型の再生可能エネルギーとして期待されている。 同施設は、食品廃棄物を年間で約1万6000トン受け入れてメタン発酵を用いた...

トーヨーホールディングス(東京都千代田区、岡田吉充社長、03・4400・6104)は、メタン発酵ガス発電によるエネルギーの地産地消モデルの開発を進める。... バイオメタンガス発電所は家畜のふん尿や食...

竹中、生ゴミからバイオガス 小規模建物向けシステム (2019/6/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

同3トン型よりメタン発酵槽などバイオガス設備を小型化し、必要な設置面積を従来比60%減の80平方メートルに低減した。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる