15件中、1ページ目 1〜15件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

日立、モノタロウ向け搬送ロボ受注 (2021/12/21 電機・電子部品・情報・通信2)

日立製作所はMonotaRO(モノタロウ)の物流倉庫向けに小型無人搬送ロボット「ラックル」約400台などを追加受注した。

日立、キョウロボ買収 現場―経営デジタル化 (2021/4/9 機械・ロボット・航空機)

日立インダストリアルプロダクツ(東京都千代田区)の小型無人搬送ロボット「ラックル」や搬送設備を組み合わせてライン全体を最適化する。

日立製作所は25日、MonotaRO(モノタロウ)から兵庫県猪名川町の物流倉庫向けに、小型無人搬送ロボット「ラックル」約400台を含む搬送設備と倉庫制御システムを受注したと発表した。

MonotaROは17年に稼働した笠間DCに日立製作所製の低床式AGV「Racrew(ラックル)」を約150台導入している。ラックルは自律走行し、指示に従って必要な棚を搬送する。

日立製作所は小型・低床式の搬送ロボット「ラックル」のほか、AI技術を駆使した次世代物流の実証実験を進めている。

開発したAGVやロボットの実用化では、1月に開設した物流施設「土浦第2期物流センター」に、棚を搬送するAGV「Racrew(ラックル)」を導入。... ラックルは自らの位置をセンサーで...

商品が保管されている棚を、ラックルが下から持ち上げて棚ごと指定位置まで自動で搬送する。... 今回、日立はラックルと25の無線基地局、4基の制御システムを納入した。ラックルは人手の作業者に比べ約3倍の...

【ニーズ拡大】 国内では日立製作所が可動式の棚を運ぶ無人搬送機「ラックル」を開発し、物流効率化を提案している。

MonotaRO(モノタロウ)は新設する物流センターに、日立製作所の搬送ロボット「ラックル」を150台採用する。

(石橋弘彰) 日立は棚ごと持ち上げて搬送するAGV「ラックル」の進化版を近く投入する。... さらに物流施設全体の効率化に向け、独自のAIを活用し...

日立製作所の低床式無人搬送車「Racrew(ラックル)」を導入する。ラックルはデータ指示に従って、必要な棚を持ち上げて搬送する。... 状況を見ながらラックルの追加導入も検討する。&#...

日立物流は日立製作所が開発した自立搬送ロボット「Racrew(ラックル)」を導入した物流施設を2015年4月に稼働する。... ラックルは自らの位置をセンサーで測りながら認識し、棚を自...

開発した無人搬送車は「Racrew(ラックル)」。搬送車と制御システム、ラックル専用の部品・商品棚、充電装置で構成する。

日本臓器製薬(大阪市中央区、小西龍作社長、06・6203・0441)の肩の痛みを抑える漢方薬「肩用ラックル顆粒(かりゅう)=写真」が好評だ。... 「通常、一般...

日本臓器製薬 腰痛や神経痛向けの一般用医薬品「ラックル」を発売した。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン