51件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01518秒)

鉄鋼輸出、6月7.5%減 主要仕向け先が軒並み減 (2019/8/2 素材・医療・ヘルスケア)

...け先である東南アジア地域の雨期やラマダンと重なったことが影響した可能性があるという。 2019年上期(1―6...

...室を礼拝の時間に使えるようにし、ラマダン(イスラム教の断食月)の時期には、体調管理に配慮。柔軟な対応... ...メーカーの中でもトップレベルだ。 ラマダン期間は約1カ月間にわたる。期間中は日の出から日の入りまで、基...

...道は一気に世界中に伝わり始めた。ラマダンやハッジの生活習慣が伝えられたり、コーランやジハードなどの...

...スさん(58)は言った。酒が飲めたり、ラマダン中でも食事ができたり、イスラムの習慣を強要されずストレスが...

...らは、毎年約10日ずつ早くなりながらラマダン、犠牲祭、イスラム新年が行われる。イスラム新年になると親類...

...イ出身者のうち3人はイスラム教徒。ラマダン(イスラム教の断食月)は義務であり、日々の祈りもある。こうし...

...によれば、「米国産鉄スクラップはラマダン明けでトルコ向け価格が上昇し、台湾向け価格も底離れが報告さ...

...て、シギットクマラ商業部門長は「ラマダン明けの長期休暇が影響する」と説明した。 1―5月期の輸出台数は...

...[ビジネスインドネシア]ラマダン中の急激なインフレ、政府タスクフォースが抑制成功 ラマダン中... ...レ、政府タスクフォースが抑制成功 ラマダン中の食料品の価格は、例年、需要の急増で急上昇していたが、こ...

...ラマダン、旅行者や兵士は例外 社会の矛盾露呈の一面も ■激流-中東の... ...盾露呈の一面も ■激流-中東の今(4)ラマダン 今年は5月17日から6月17日まで イスラム圏はヒジュラ暦と呼ばれ... ...は不向きかもしれない。一大行事のラマダン(断食)は四季を問わずヒジュラ暦の9月。今年は5月17日から6月17日...

...、石化産業の一大地域である中東のラマダン(イスラム教断食月)が5月中旬から始まるため直近の市況下落リス...

...ス2.2%となったためだ。年末に向け、ラマダン(イスラム教の断食月)やイドゥルフィトリ(断食明け大祭)を超える...

...ん引した。 前年は6月だった断食月(ラマダン)開始日が5月になったマレーシアを除くすべての主要国地域で前...

...満を持して動きだす。(鈴木岳志) 「ラマダン(イスラム教の断食月)明けの6月後半からテスト生産を始める」と...

...ボット(右端)。イスラム教の断食月(ラマダン)で日中断食をしている市民のために、食事が可能になる日没を知...

...[ビジネスインドネシア]ラマダン控え、小麦粉需要増 今月末に始まるラマダン(断食月)を前に小麦... ...控え、小麦粉需要増 今月末に始まるラマダン(断食月)を前に小麦粉の需要が増えている。インドネシア小麦粉...

...の起業家が講演する予定だった。 【ラマダン明け通常営業に−丸久】 子供服や婦人服のメーカーである丸久(... ...00人ともに無事であり、平石社長は「ラマダン明けからは通常どおり営業する。工場の増強も進めたい」として... ...よう注意喚起を促した。現地法人はラマダン(断食月)の休暇中で11日から予定通り操業を再開する予定。 ...

...日本から2人が駐在している。現在はラマダン(断食)後の休暇にあたり、荷動きが少ないが通常営業している。... ...ンケア製品を販売している。現在はラマダン明けの休暇中で会社は9日まで休業。日本人の派遣社員2人は安全...

...通しだ。 さらに、「インドネシアでラマダンが始まっている。例年、台湾では夏場の電力料金の引き上げられ...

...]就労1カ月からレバラン手当受給 ラマダン(イスラムの断食月)が6月に始まる。ムハマッドハニフダクリ労働...

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる