13件中、1ページ目 1〜13件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.023秒)

ラマン顕微鏡は試料にレーザーを照射し、発生した散乱光から物質の種類や状態を画像分析する装置。... 光学顕微鏡と電子顕微鏡に続く新たな顕微鏡開発へ道を開いた。... 河田会長は「素材開発需要の増加に伴...

ミドリムシの仕分け実験では、従来のラマン顕微鏡とピペット操作による手作業で3日以上の時間を要したが、開発した手法では6分以内に完了。

阪大発VBの同社は有機分子の分布を可視化するラマン顕微鏡を手がける。... 同顕微鏡は約15年前発売で「なかなか価値を理解してもらえなかった」がその谷を乗り越えた。

日立ハイテク、ナノフォトンと業務提携 (2018/9/7 電機・電子部品・情報・通信1)

日立ハイテクがナノフォトンのラマン顕微鏡の販売機能の一部を担うほか、両社で製造・開発も進める。... 日立ハイテクが持つ電子顕微鏡や科学機器の製造・開発力とナノフォトンのラマン顕微鏡などに関する技術力...

ナノフォトン(大阪府吹田市、河田聡会長、06・6878・9911)は、深紫外から赤外までの広い波長領域に対応した高速ラマン顕微鏡「RAMANタッチ・ヴィオラ=写真」を完成、17...

光合成の反応に水分子の代わりに重水分子を取り込ませて、高精度の「ラマン顕微鏡」で光合成量を計測する。... ラマン顕微鏡で大量のミドリムシを網羅的に計測し、置換量の多い固体を選び出す。

具体的には超高速ラマン顕微鏡などを用い、生きた細胞に薬剤を投与し、影響を長期計測する技術などを開発。

ナノフォトン(大阪市北区、マイケル・ヴァースト社長、06・6878・9911)は、高精細、高画質分析が可能なレーザーラマン顕微鏡の海外販売に乗り出す。... 同社は、物質の分子構造や結...

河田教授らは、CNTのゆがみを数値化して色で判別する先端増強ラマン顕微鏡を用いた。ゆがみの量によってラマン散乱光の色が変わる仕組み。通常、ゆがみは見えないが、顕微鏡を使って金属の針の先端をCNTに引っ...

ナノフォトン(大阪市北区、中原林人社長、06・6878・9911)は、インターネット経由で遠隔操作できるラマン顕微鏡「RAMANtouch」を発売する。... ラマン顕微鏡は、分子の振...

二光子顕微鏡や細胞選別機がそれぞれ数台ずつあるほか、超高磁場MRI(磁気共鳴断層撮影装置)、ラマン顕微鏡なども備える。

ナノフォトン(大阪府吹田市、中原林人社長、06・6878・9911)は、これまで国内で販売していたラマン顕微鏡を、インド、中国、米国、韓国の4カ国で本格展開する。... ラマン顕微鏡は...

力を入れるのが世界シェア40%を持つラマン顕微鏡。... 電子顕微鏡で高いシェアを持つ日本電子は、リチウムイオン二次電池の正極材料の構造を解析する透過型電子顕微鏡を展示する。... 日立ハイテ...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン