178件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

レネゲード4xeは、排気量1300ccエンジンと電気モーター2基、リチウムイオンバッテリーなどで構成されるPHVシステムを搭載。バッテリーは家庭用200ボルト充電器や公共の充電設備などの外部電源から充...

自然災害などによる停電時に、EVの大容量リチウムイオンバッテリーを非常用電源として使用できる。 ... 大容量バッテリーにためた電力を走行時に使用するだけではなく、パワーコントロール...

JNCは電子部品事業やリチウムイオンバッテリー用セパレーター事業からの撤退などの事業構造改革を2019年から進めており、同事業の売却はその一環だとしている。

6800ミリアンペア容量のリチウムイオンバッテリーを内蔵。

日本船舶海洋工学会(東京都港区)が選定する「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」に、わが国で初めて完全バッテリー駆動でゼロエミッション(温室効果ガス排出ゼロ)を実現した大島造船所(長崎県西海市)の旅客船...

トプコン、レーザーポインター測量機 連続使用時間1.5倍 (2020/6/29 機械・ロボット・航空機2)

連続使用時間は同社従来機の1・5倍程度に伸び、オプションのリチウムイオンバッテリーを使うことでさらに長時間使える。

JNCは23日、2020年3月にリチウムイオンバッテリー用セパレーター事業から撤退すると発表した。... 主に車載向けにリチウムイオンバッテリー用セパレーターを14年から展開しており、高入出力セル用途...

パワーアシストシステムの重さは5.7キログラムで、リチウムイオンバッテリーを内蔵している。

ナカヨは、事業継続計画(BCP)対策で蓄電池として使えるリチウムイオンバッテリー搭載の無停電電源装置など、グループとして関連事業を広げている。

搭載したリチウムイオンバッテリーによってエンジンをかけずとも電源を必要とする医療機器を使用できるなど、救急救命活動を支援するさまざまな工夫を凝らしている。

リチウムイオン電池材料などを均一に高分散させる場合、摩擦などにより発生する撹拌熱で材料が化学反応を起こさないよう温度管理する必要がある。... 容器がポリエチレン製のため、金属タンクや金属製プロペラを...

3社のモーター一体型の新型ハイブリッドエンジンやリチウムイオンバッテリーなどの自動車・産業車両分野の技術を融合させた。

自動車用鉛バッテリーやハイブリッド車(HV)バッテリーのほか、フォークリフトのバッテリー再生なども手がける。清水社長は「次世代自動車の技術に対応していく」と話し、リチウムイオンバッテリーの再生に向け、...

新規で日本製リチウムイオンバッテリーの製造などに約10億円を盛り込むほか、国際宇宙探査に向けた技術実証に19年度から引き続き数億円を計上する。... 日本はすでに国際宇宙ステーション(ISS)を運用す...

FAAはリコール対象のバッテリーを搭載した製品に関する2016年の安全上の指示に従うよう航空会社に促した。... 欧州航空安全庁(EASA)も今月、マックブック・プロの一部モデルに関して警告を発してお...

6―7号機に引き続き、ISSを運用するためのリチウムイオンバッテリーを運ぶ。

デンカ、車載用品拡大 電動化で生産増強 (2019/6/3 素材・医療・ヘルスケア)

リチウムイオンバッテリーの導電材料に使われるアセチレンブラックについても需要が高まると見て、生産増強を視野に入れる。

【前橋】サンデン・アドバンストテクノロジー(群馬県伊勢崎市、菊池利之社長、0270・24・1212)は、レース用電気自動車(EV)向けのリチウムイオンバッテリー温度管理システムを開発した。

蓄電池は電池の再製品化を手がけるフォーアールエナジー(横浜市西区)の、電気自動車(EV)の使用済みリチウムイオンバッテリー4枚を使用。

第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(2)一般部門・優良賞 (2019/4/9 中小企業優秀新技術・新製品賞1)

イズミが持つバッテリー制御技術を生かし、最長6夜連続で点灯する。... 本装置は、制御装置、電源装置、リチウムイオンバッテリー、LED照明からなり、内径が130ミリメートル以上のポールに内蔵できる。....

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる