6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.001秒)

電動型垂直離着陸機(eVTOL=写真)の独ベンチャー、リリウムの機体に搭載される。

例えば、ジョビィ・アビエーションは最高時速322キロメートル、キティホークは巡航時速290キロメートル、リリウムは同280キロメートルを実現。

独ボロコプターのeVTOLは18個のモーター推進システム、独リリウムは36個、米ジョビィ・アビエーションは6個、米ウィスク・エアロは12個、中国Ehang社は8個だ。

東レは独リリウム(ミュンヘン市)と、空飛ぶクルマ向け炭素繊維複合材料の供給契約を締結した。リリウムが開発する空飛ぶクルマ「リリウムジェット」の胴体、主翼、動翼などに、東レの炭素繊維複合...

東レは14日、独リリウム(ミュンヘン市)が開発を進める“空飛ぶクルマ”「リリウム・ジェット」に使う炭素繊維複合材料の供給契約を同社と締結したと発表した。... 独リリウムはアーバン・エ...

空飛ぶ電動タクシーの実用化を目指すドイツのスタートアップ、リリウム(バイエルン州)がシリーズB(第2段階)の資金調達で9000万ドル(約99億円)を調達...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン