260件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

SIAではスポーツ多目的車(SUV)「アセント」や同「アウトバック」、ハッチバック「インプレッサスポーツ」、セダン「レガシィ」など年間約40万台を生産する。

スバルの乗用車「インプレッサ」やセダン「レガシィ」、スポーツ多目的車(SUV)「アウトバック」向けのタイヤ供給で高い評価を得た。

自社初の軽自動車「スバル360」から始まり、現行のセダン「レガシィB4」やスポーツカー「BRZ」、コンセプトモデル「VIZIV(ヴィジヴ)」までスバルの過去から現在、未来へとつなぐラインアップがそろう...

横浜ゴムはSUBARUが2019年秋から米国、カナダで発売した新型セダン「レガシィ」と新型スポーツ多目的車(SUV)「アウトバック」の新車装着用タイヤとして「AVID GT(エイビッド・ジーティー)」...

モノづくり現場 生産革新・脱炭素社会への挑戦(7)スバル (2019/9/12 建設・生活・環境・エネルギー2)

ヒートポンプ軸に新システム 新塗装工場は4割省エネ SUBARU(スバル)はレガシィ、インプレッサなどを生産する矢島工場(群馬県太田市)の塗装工程で、ヒートポンプを軸にした新システム...

SUBARU(スバル)は3日、スポーツ多目的車(SUV)「レガシィアウトバック」とセダン「レガシィB4」の一部改良モデルを11月8日に発売すると発表した。

川崎信金、相続税理士法人と業務提携 (2019/5/30 中小企業・地域経済1)

川崎信用金庫(川崎市川崎区)は相続を専門とする税理士法人レガシィ(東京都千代田区)と業務提携契約を結んだ。... 神奈川県内の信金でレガシィと業務を提携するのは今回が初めて。

具体的には独フォルクスワーゲンの「ゴルフ」やダイムラーの「メルセデスべンツ」の「Aクラス」などの輸入車、国内車ではトヨタ自動車の「マークX」やSUBARU「レガシィB4」など、一つ上のセグメントを競合...

ステレオカメラで先行車両を監視し、自動ブレーキで衝突回避や被害軽減につなげるこのシステムは、バージョンアップして10年(平22)に主力車種「レガシィ」に搭載した。

【電子版】先週の注目記事は? (2019/4/16 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(4/8~4/14) 1位 スバル、「レガシィB4」国内生産終了 米国は継続 2位 【電子版】中国政府、仮想通貨...

SUBARU(スバル)は2020年秋にも、セダン「レガシィB4(米国名=レガシィ)」の国内での生産を打ち切る。レガシィB4は北米での人気が続いており、生産拠点を米国に集約する。... スバルはレガシィ...

■アクセスランキング・ベスト10(2/11~2/17) 1位 トヨタ、支給材据え置き 原料価格減も高炉各社に譲歩 2位 「経営統合」透け...

SUBARU(スバル)は約5年ぶりに全面改良した新型セダン「レガシィ(米国仕様車)=写真」を米シカゴオートショーで世界初公開した。... レガシィはスバルの旗艦車種で新型は第7世代目となる。

SUBARU(スバル)は9日(現地時間)から一般公開が始まる米シカゴオートショー(イリノイ州)で、約5年ぶりに全面改良した新型セダン「レガシィ(日本名レガシィB4)」の米国仕様車を世界初披露する。.....

SUBARU(スバル)は10日、スポーツ多目的車(SUV)「レガシィアウトバック」とセダン「レガシィB4」を一部改良し10月4日に発売すると発表した。

米国工場は「レガシィ」「アウトバック」「インプレッサ」に加えて、5月から「アセント」の生産を始めた。

例えば16年に米国でセダン「レガシィ」の販売が鈍化し、在庫が計画より5000台ほど増えた際に生産調整をしたほどだ。

ユーロNCAPでの最高評価獲得は09年の「レガシィ」、11年の「XV」、12年の「フォレスター」、14年の「アウトバック」、16年の「レヴォーグ」に続き6回目となる。

こうしたあおりを受けスバルはセダン「レガシィ」の落ち込みに加え、主力SUVのフォレスターや「アウトバック」の販売が足元で減少。

米国は市場全体でセダンからスポーツ多目的車(SUV)へ人気がシフトしておりセダン「レガシィ」の販売が想定以上に落ち込む。

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる