235件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

レベル3の「渡航を再考せよ」になったことで、東京五輪・パラリンピックの開催にとっては追い風になりそうだ。 ... 今回は、日本やメキシコを含む数十カ国がレベル4からレベル3に引き下げ...

「現在の世界市場規模は3兆円で、この内、日本市場は2000億円。... このような米国や中国などと比べると、日本は(無人地域での目視外飛行である)レベル3の段階で、間違いなく周回遅れだ」 &#...

ITRIは1973年に台湾経済部(日本の経済産業省に相当)直轄の研究所を統合し創立された後、半導体受託製造世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)をはじめ、これまでに約3万件の先端技術の特許開発支援や...

無人走行できるレベル4の社会実装を急ぎ、社会課題の解決につなげる。 ... 警察庁などはレベル4の自動運転車の公道走行に向けた制度設計を進めている。 ... 20年...

一定条件下で自動運転が可能な「レベル3」機能を持つホンダの新型「レジェンド」などに採用されている。 ... 23年度には国道を中心に主要幹線道路への展開をはじめ、24年度には計13万...

試乗で驚き・感動 レベル3搭載車リース販売 日産自動車は20年6月、オンラインで車の見積もりなどの相談に対応するサービス「オンラインチャット」を導入した。... ホンダの寺谷公良執行...

日立アステモは、ソフトウエアの遠隔更新に対応した電子制御装置(ECU)が、自動運転「レベル3」機能を持つホンダの新型「レジェンド」に採用されたと発表した。... レベル3では、一定条件の下で自動運転が...

その結果、世界約200カ国のうち8割の国がレベル4対象国になると説明していた。 19日時点では、ケニアやミャンマー、イラク、アフガニスタン、アルゼンチンなど34カ国が渡航中止とされて...

【名古屋】デンソーは、運転手の監視下で車線変更などの一部操作を自動で行う「レベル2」の自動運転に対応するセンサーや部品を開発した。... これらの部品は、自動車販売後もインターネット経由でソフトウエア...

ホンダが、一定の条件下で自動運転が可能な「レベル3」の機能を備える高級セダン「レジェンド」を発売した。レベル3自動運転車の投入は世界初だ。... (群馬・松崎裕) レジェンドに搭載さ...

豊田自動織機は30日、2022年10月に自動運転トーイングトラクター(貨物けん引車)を発売すると明らかにした。条件付きでシステムが運転を担う「レベル3」に相当し、空港や工場などでの搬送作業向けに提案す...

■「レベル3」電動カート 福井で実現 曹洞宗の大本山を構える福井県永平寺町で25日、走行環境条件付きで自動運転する「レベル3」サービスが国内で初めて始まった。町内の飲食店に設けたモニ...

経済産業省と国土交通省は23日、福井県永平寺町で、条件付きでシステムが運転する「レベル3」の自動運転サービスを25日に始めると発表した。... 2020年12月から保安要員が乗車し「レベル2」で試験運...

特定条件下を運転者の操作なしで走る「レベル4」の実現や、事業化モデル構築などのテーマを設定して取り組みを進める。... 22年度をめどにしたレベル4のサービス実現に向け、事業モデルや制度設計の確立を進...

レベル3に対応する任意保険を用意した。 レベル3が作動する走行条件は、高速道路での同一車線内での走行に限られる。... レベル3の投入は完全自動運転を見据えた技術進化の一端を示す。

バス型カートの自動走行、名大が実証 (2021/2/18 科学技術・大学)

走行地域の3次元空間データを事前入力、周囲の形状をセンサーで照合しながら走行し、形状の差異で人や車両を認知し減速や回避、停止をする。... 自動運転は限定条件下以外は人が運転する「レベル3」。

コスト削減を積み上げ通期見通しを堅持したい」 ―2030年に売上高構成で半分を目指す非鉄道事業の強化は。 ... 緊急ボタンを押す要員が乗車する前提の自動運転レベル...

このロードマップでは、ドローンの飛行状況によってレベル分けされている。レベル1「目視内での操縦飛行」、レベル2「目視内での自動・自律飛行(操縦なし)」、レベル3「無人地帯での目視外飛行(補助者の配置な...

2022年6月に施行される第三者上空飛行に関する法案で、恐らく先進国の中でも日本はトップレベルの法整備が完備し、ドローン産業振興という形で世界をリードできると期待される。... レベル4の第三者上空飛...

ANA、自動運転バスを試験運用 羽田空港内 (2021/2/2 建設・生活・環境・エネルギー)

自動運転レベル3(条件付き運転自動化)で12日まで実施。... 試験では国が作成した高精度3次元地図に基づく自動走行の安全性を確認。

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる