217件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

勃興5Gサービス(34)TOPIC、群馬大など実証 (2021/2/24 電機・電子部品・情報・通信)

前橋市が推進する持続的な公共交通インフラの実現に向けて、限定区域を運転者の操作なしで走る「レベル4の自動運転」の社会実証に挑む。自動運転のレベルは0―5の6段階。レベル4はシステムが運転のすべてを担う...

レベル1「目視内での操縦飛行」、レベル2「目視内での自動・自律飛行(操縦なし)」、レベル3「無人地帯での目視外飛行(補助者の配置なし)」、レベル4「有人地帯(第三者上空)での目視外飛行(補助者の配置な...

2022年6月に施行される第三者上空飛行に関する法案で、恐らく先進国の中でも日本はトップレベルの法整備が完備し、ドローン産業振興という形で世界をリードできると期待される。... レベル4の第三者上空飛...

レベル4相当の実証は初だという。 2メートル間隔で計334個の磁気マーカーを敷設した全長約800メートルのコースで、最高時速25キロメートルでの無人走行や異常を検知した場合の遠隔停止...

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は、2025年度大阪・関西万博の輸送手段として導入を検討している自動運転バスについて、一定の条件下で自動運転可能な「レベル3」から、高度運転自動化の「レベル4」に変更す...

さらに国や自動車関連メーカーによるレベル4、5の実現に向けた実証実験や技術開発が進む。... 「レベル4」一般道実証 データ蓄積進む 運転手不在のより高度な自動運転レベル4の技術開発...

中島規巨社長が24日、日刊工業新聞社のインタビューで明らかにした。... 自動運転技術「レベル3」、「レベル4」向けに加え、完全自動化の「レベル5」向けでブレーキやハンドル回り向けなどの高精度センサー...

住友ゴム工業は、タイヤ空気圧をリモート監視するモニタリングシステムを構築し、岐阜市内の公道で自動運転レベル4の自動運転車に対して実証実験を行った。

試験運用するAVPは限定区域をドライバーの操作なしで走る「自動運転レベル4」に相当する。

一定の条件下で自動運転が可能な「レベル3」を対象に、他車の割り込みや急ブレーキといった状況ごとに、周辺環境の認識や動作判断などの安全性評価手法を網羅的に体系立てた。... 6月に国際連合でレベル3の安...

北海道が一元的な窓口となって手続きやニーズに合った道路の情報などで支援し、実証実験は約4年間で70件以上を道内で実施した。... ワンストップ窓口の利用は20年3月末時点で計248件。... 19年8...

10月中に相次いで新たなワーキンググループ(WG)を立ち上げて安全性確保に必要な検証や社会受容性の醸成を図るほか、限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転技術「レベル4」実現などさらなる高度化への...

地方を中心に公共交通機関の運営環境が難しくなる中、2025年度までに全国40地域以上での無人自動運転サービスの実現を目指す。 ... 限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転技術...

暮らしや街づくり、事業構造の方向性をとらえ、21年度からスタートする第4期中計の策定に反映させる考えだ。 ... 特に限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転「レベル4」の課題や...

欧州が市場けん引 富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長、03・3664・5839)は、一定の条件下でシステムが車を運転する自動運転技術「レベル3」を搭載した...

ただ、政府が避難のタイミングを表すために昨年5月に導入した5段階の「警戒レベル」では、どちらも「全員避難」が必要な「レベル4」に分類され、違いが分かりにくいと指摘されていた。 一方、...

25年をめどに一般道での限定区域をドライバーの操作なしで走る「レベル4」の実現を目指す。 ... 20年代半ばにはレベル4の市場投入を目指す。 ... レベル4、レ...

現地の大学や企業とのオープンイノベーションを強化し、特定の区間で運転者の操作なしに走行する「レベル4」の自動運転技術の実現に向け、開発を加速する。 ... レベル4の自動運転に必要な...

政府は19年、避難の必要性を5段階で表した「警戒レベル」を導入したが、上から2番目に危険度が高い「レベル4」に避難勧告と避難指示の両方が分類されており、住民や市町村長の一部から危険度の違いが分かりにく...

目視外・第三者上空飛行による「レベル4」の実現に向けて、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)での長距離飛行検証に活用可能な性能評価も記した。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる