206件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

10月中に相次いで新たなワーキンググループ(WG)を立ち上げて安全性確保に必要な検証や社会受容性の醸成を図るほか、限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転技術「レベル4」実現などさらなる高度化への...

地方を中心に公共交通機関の運営環境が難しくなる中、2025年度までに全国40地域以上での無人自動運転サービスの実現を目指す。 ... 限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転技術...

暮らしや街づくり、事業構造の方向性をとらえ、21年度からスタートする第4期中計の策定に反映させる考えだ。 ... 特に限定区域をドライバーの操作なしで走る自動運転「レベル4」の課題や...

欧州が市場けん引 富士キメラ総研(東京都中央区、田中一志社長、03・3664・5839)は、一定の条件下でシステムが車を運転する自動運転技術「レベル3」を搭載した...

ただ、政府が避難のタイミングを表すために昨年5月に導入した5段階の「警戒レベル」では、どちらも「全員避難」が必要な「レベル4」に分類され、違いが分かりにくいと指摘されていた。 一方、...

25年をめどに一般道での限定区域をドライバーの操作なしで走る「レベル4」の実現を目指す。 ... 20年代半ばにはレベル4の市場投入を目指す。 ... レベル4、レ...

現地の大学や企業とのオープンイノベーションを強化し、特定の区間で運転者の操作なしに走行する「レベル4」の自動運転技術の実現に向け、開発を加速する。 ... レベル4の自動運転に必要な...

政府は19年、避難の必要性を5段階で表した「警戒レベル」を導入したが、上から2番目に危険度が高い「レベル4」に避難勧告と避難指示の両方が分類されており、住民や市町村長の一部から危険度の違いが分かりにく...

目視外・第三者上空飛行による「レベル4」の実現に向けて、福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)での長距離飛行検証に活用可能な性能評価も記した。

同社で手がけているのは高速道路向けの自動運転システムや、レベル4の自動運転システムの開発だ。

九大 教員に合わせ対応 九州大学は2020年度の春学期の期間を5月7日―6月24日、夏学期を6月25日―8月12日にそれぞれ変更した。... 東工大 生配信で在宅受講 ...

東北大、課外活動を禁止に 東北大学は4月7日付で、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた「緊急時における東北大学行動指針(BCP)」を作成し、緊急事態宣言が全国に拡大された中、17日...

干潮面より3・6メートル上昇した時に千代田区と中央区、港区、品川区、大田区、同3・9メートル上昇した時に墨田区と江東区、江戸川区、同4・3メートル上昇した時に北区と板橋区、足立区、葛飾区に通知する。同...

「レベル3」は37% 日本自動車工業会(自工会)が実施した「2019年度乗用車市場動向調査」によると、前回調査を実施した17年度に比べ環境対応車への受容度が高まっていることが分かった...

2826世帯分を回収し、有効回答は2774世帯分だった。同報無線などを通じ警戒レベル4を発した段階で1105人が「危険を感じた」と答えており避難情報の効果をうかがわせる結果となっている。一方、全体の4...

特定条件下で運転者の操作なしで運行する「レベル4」の実現を目指す。... 契約を踏まえ、両者は「安全・安心なバス輸送サービスの提供に向けた課題解決」「乗務員不足への対応」「レベル4の社会実装に向けた大...

現在はスタッフが車両に乗車し実証実験をサポートしているが、将来は限定区域を運転者の操作なしで走る自動運転レベル4や完全自動運転となるレベル5の実現を目指す。

「19年8月に大型トラックによる限定領域での自動運転レベル4の実証実験を国内初で実施した。自動運転に関しては30年に向けた長期ビジョンの中で、20年がレベル4の実用化の時期なのできちんと進める。

独ZFは自動運転レベル2に付加価値を加えた「レベル2プラス」に相当する先進運転支援システムを開発した。... また、自動運転レベル4に対応したECU(電子制御ユニット)も開発しており、大手商用車メーカ...

保有する知識もレベル1―4の4段階で分類。レベル4では「顧客に課題解決の提案ができる」など、より高度な専門性が必要になる。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる