254件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

レーザー核融合ロケットの模擬実験と数値シミュレーションを行い、研究開発を進める。 ... レーザー核融合ロケットは、推進させるための燃料が入った球状プラスチック容器にレーザー光を当て...

月には約60億トンの氷があるとされ、飲料水としての利用だけでなく水素と酸素に電気分解することで、月探査用ローバー(探査車)やロケットの燃料などに使えると期待されている(イメージ=NASA提供) ...

さらに月や火星には地下に氷があるとされ、この水資源を飲み水や宇宙探査のための燃料に使う構想もある。... 水は飲料としてだけでなく、電気分解で水素と酸素に分け、探査車(ローバー)や別の天体を目指すロケ...

月に数十億トン存在するとされる水資源を電気分解して水素と酸素に分け、ロケットの燃料や機器の動力に利用する。すでに高砂熱学工業は、地上での水電解・燃料電池一体型セルの開発に成功している。 ...

検証2019/米宇宙計画へ参加 日本が正式表明 (2019/12/20 科学技術・大学)

ゲートウェーへの技術や機器の提供、新型物資補給船「HTV―X」や新型基幹ロケット「H3」によるゲートウェーへの物資・燃料補給などに携わることになる。

(総合1参照) 超モノづくり部品大賞 【フジキン代表取締役・小川洋史氏/チームで受賞】 受賞部品は1976年に開発した宇宙ロケ...

JAXAなどの「イプシロン」と同じ固体燃料を利用する専用ロケットは19年内に基本設計を終え、20年から試験・製造段階へ移る計画だ。固体燃料は基幹ロケット「H3」の固体ロケットブースターにも利用されるた...

私の流儀/フジキン代表取締役・小川洋史(8) (2019/10/31 中小企業・地域経済2)

しかし幸いにも水素社会の到来で、宇宙ロケットの水素燃料用で培った技術が水素ステーション分野で花開き、成長している。

私の流儀/フジキン代表取締役・小川洋史(6) (2019/10/29 中小企業・地域経済2)

【知恵出し合い難関乗り越える】 ロケット燃料の液体水素はマイナス253度Cの超低温で充填時の超高圧にも耐えなくてはならない。... 78年に燃料供給系試験設備で合格し、その後、ロケッ...

(冨井哲雄、飯田真美子) ■有人拠点「ゲートウェー」■ 物資・燃料輸送で貢献 政府の宇宙開発戦略本部(本部長=安倍晋三首相)は、日本政府として正式...

川重が宇宙ゴミ除去参画 岐阜に衛星運用アンテナ (2019/10/7 機械・ロボット・航空機1)

実証衛星はこれらを見つけて接近し、捕獲するもので、大型で重いロケット上段のゴミを対象とする。... アンテナと組み合わせて、さまざまな衛星データの解析結果の提供や衛星に燃料を補給するサービスなどを計画...

【富山】田中精密工業はグループ会社で次期基幹ロケット「H3ロケット」用部品を受注した。... 今回受注したのは、H3ロケットの水素と酸素の混合比を最適化するのに寄与する燃料噴射部品をはじめとするエンジ...

萩生田文科相は同計画に参加するため、「ゲートウェーへの技術機器の提供や、新型物資補給船『HTV―X』や新型基幹ロケット『H3』での物資・燃料の供給、着陸地点選定のための月面のデータ技術の共有、月面探査...

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、大型ロケット「H2B」8号機の打ち上げを中止すると発表した。... 燃料を抜き取り、安全確認後に原因を究明する。

20年度打ち上げの新型基幹ロケット「H3」や、国際宇宙ステーション(ISS)用の新型物資補給機「HTV―X」の開発などを加速させる。 ... さらに固体ロケットブースター「SRB―3...

インターステラが打ち上げた小型観測ロケット「MOMO」4号機(27日、北海道大樹町、同社提供の動画より=時事)  北海道大樹町のベンチャー企業「インターステラテク...

チャンドラヤーン2号は、運搬用のロケットや着陸機、地球との通信を受け持つ軌道周回機、探査車で構成されている。打ち上げは当初今月15日の予定だったが、ロケットからの燃料漏れの影響で延期されていた。...

20世紀に入るとロケット技術の急速な進歩で、米国と旧ソ連との間で宇宙開発競争が激化。... これらの探査機は、NASAの新型大型ロケット「SLS」の初号機に搭載し打ち上げる計画だ。 ...

13日に打ち上がる民間ロケットの燃料に同社の日本酒が使われる。 日本酒の売り上げをロケット打ち上げに寄付する。... 日本酒をロケットの燃料に使用した記録はこれまでにない。

「1月に宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小型固体燃料ロケット『イプシロン』で打ち上げた初号機に関して、直前までJAXAが求める水準を満たしておらず審査に落ちる寸前だった。... 「人工流れ星を発生さ...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる