41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

NTTコム、新事業に7社採択 (2021/5/21 電機・電子部品・情報・通信)

内訳は、完全無人化された次世代データセンターの創出のためのパートナーとして、THK、東京通信機工業(東京都港区)、ロボットビジネス支援機構(RobiZy)を選ぶなどした。

災害現場ニーズ収集・開発 ロボットビジネス支援機構(RobiZy〈ロビジー〉)の設立から4年。... 2021年4月、都城市とロビジーは災害時支援協定を締結予定である。... ロボッ...

ロボットビジネス支援機構(RobiZy〈ロビジー〉)は千葉県いすみ市との間で、災害時支援協定を結んだ。災害時でのロボット活用に向け、平常時からの取り組みも含めて最適なロボットの導入・運用を支援する。&...

国産の紫外線照射ロボットとしては日本初の記録を得ることができた。... コロナ禍のおかげで新しいロボットビジネスが始まり、医学部の研究員になり医療分野へ進むことができた。... ロボットビジネス支援機...

私が所属するNPO法人ロボットビジネス支援機構(通称ロビジー)では先日、この流れを踏まえて、「ロビジーフューチャーウィズロボット宣言」を行った。... (金曜日に掲載) ◇ロボットビ...

特定非営利活動法人ロボットビジネス支援機構(ロビジー)は、「新型コロナウイルス克服に向けたロボットビジネス創造宣言」を29日にまとめる。遠隔操作や自動走行できるロボットの強みを生かし、病院での問診ロボ...

一方、外部空間については消毒液を噴霧するロボットや無人デリバリーを行うロボットなどがスタートし、新型コロナによってこれらのロボットが世に広がるきっかけとなっていることは、我々の業界にとっては良いことで...

弊社が所属するNPO法人ロボットビジネス支援機構(通称RobiZy)では以前よりネットミーティングの奨励やクラウドシステムの導入などを進めており、その取り組みは今回大いに役立っている。 ...

身障者支援施設とは回復途上にある精神障がい者が、他の身体、知的障がい者とともに連携し生活訓練や作業訓練を行いながら、地域との交流を図り、障がいを持っていても頑張る姿を他者に認めてもらうことで、自立に向...

ここでは多くの外食チェーンやホテルチェーン関係企業が当機構ブースに来客し、その上、同ブース内に出展している当機構会員企業のロボットに対して大きな興味を示していただいた。... ◇ロボットビジネス支援機...

今、ロボティクスの世界では作業の効率性を追求した工場内などで使われる産業用ロボットと、そこから感情コントロールまで踏み込んだサービスロボットの大きく二つのトレンドに分かれている。 ....

これらロボットに加えて、業務を支援する営農システムや情報を取得するセンサーや衛星システムなどがある。 ... (金曜日に掲載) ◇ロボットビジネス支援機構(ロビジー...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、将来、人類が宇宙ステーションや月・火星で生活する際の食糧確保のために植物生産システム(月面農場)の研究を進めており、月面における宇宙飛行士の作業を最小限とするため...

【ビジネスの礎】 つまり利益追求型ではなく、社会課題解決型の考えが必要ということだ。... (金曜日に掲載) ◇ロボットビジネス支援機構(ロビジー)専務理事 伊藤デ...

日本ロボット工業会と日刊工業新聞社は19日、「ロボット・ICTが拓(ひら)くスマート農業の未来」をテーマにしたパネルディスカッションを「2019国際ロボット展」の会場内で開催した(写真)。... NP...

高齢者を支える介護の業務をロボットで支援する機運が高まっている。... 産学官でロボ導入促進 点呼ロボットは運行管理者の点呼業務を支援。... 三井住友海上火災保...

ロボットビジネス支援機構(ロビジー)に従事する私の感想では「人手不足問題解決=ロボットの活用」という意識が社会全般に急速に広がってきているのは間違いない。 ... サービスロボットと...

しかし、仮にスマート農業で用いられているような人工知能(AI)やロボットなどに日本の農業技術をインプットして、経験の浅い農業技術者と農業ロボットをペアで派遣できるのなら、世界各国に日本の農業技術を広げ...

ビジネス最優先とし、ビジネス強化につながらないロボット活用はしない。... (金曜日に掲載) ◇ロボットビジネス支援機構(ロビジー)専務理事 伊藤デイビッド拓史 デ...

【スマート農業】 農業はこれまで篤農家や暗黙知といった、まさに人が織りなす産業であったが、今後加速する農業のデータ化によって、これまで考えられなかったようなビジネスモデルに大転換する...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる