131件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

飛行ロボット(ドローン)やローバー(探査車)など、これからサービスロボットとして増える分野のエンジニアリングを地域で支えるプログラムだ。

探査機にはMMXローバー(探査車)などの科学観測機器が11個搭載される。

グループPSA(プジョー・シトロエン)やジャガーランドローバー、ボルボといった主要メーカーは18年から参加していない。

2018年のサンパウロ国際自動車ショーではすでに、グループPSA(プジョー・シトロエン)やジャガーランドローバー、ボルボといった主要メーカーの姿がなかった。

月、火星、小惑星探査でのローバーなどへの搭載を想定。

月には約60億トンの氷があるとされ、飲料水としての利用だけでなく水素と酸素に電気分解することで、月探査用ローバー(探査車)やロケットの燃料などに使えると期待されている(イメージ=NASA提供) ...

水は飲料としてだけでなく、電気分解で水素と酸素に分け、探査車(ローバー)や別の天体を目指すロケットなどの燃料に使える。... 月探査ビジネスを手がける宇宙ベンチャーのアイスペース(東京都港区)は多数の...

探査ローバーの投下や試料採取などのミッションを終え、11月にリュウグウから離脱。

検証2019/米宇宙計画へ参加 日本が正式表明 (2019/12/20 科学技術・大学)

すでに月面探査車(ローバー)を宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発するトヨタ自動車や、ローバーでの月面探査を目指す宇宙ベンチャーのispace(アイスペース、東京都港区)など民間も月に着目し、ビ...

【山形】オプテックス工業(山形県尾花沢市、本間忠雄社長、0237・23・3241)は、防災用途などを想定した無人陸上型ローバーを開発した。... 【ロボコンで動作確認】 無人陸上型ロ...

研究用の搬送ロボット「メガローバー」などの2台に、環境情報を検知する「LiDAR(ライダー)」を搭載した。

はやぶさ2は、地球帰還用カプセルや着陸地点にクレーターを作る衝突装置、小型ローバー(探査車)、光学カメラなどが詰め込まれている。リュウグウ到着後、小型ローバーや小型着陸機をはやぶさ2から分離しリュウグ...

小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載された小型探査機「ローバ2」を小惑星「リュウグウ」に向け分離運用した。だがローバ2は動作しない状況だった。

ローバ2はデータ処理関連の動作が正常に起動できない状況にあった。... ローバ2とTMの画像観測データから直接重力のパラメーターを求める観測ができた。... ローバ2は、東北大学や米コロラド大学、九州...

自動走行車の走る・曲がる・止まるの基本性能をまとめたモジュール「クラスター・ローバー・モジュール・コンセプト」は、航空機の前輪のように2輪で構成。

政府はゲートウェーへの技術や機器の提供、新型物資輸送船「HTV―X」や新型基幹ロケット「H3」によるゲートウェーへの物資・燃料補給、月の着陸地点を選ぶ際の月面のデータや技術の共有、月面探査車(ローバー...

現在、ローバ2はデータ処理関連の動作が正常に起動できない状況にある。... ローバ2の分離のリハーサルとして12―17日に目印となるターゲットマーカー(TM)を分離した。... ローバ2は、東北大学や...

英ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の公式車両(写真)を発表した。組織委員会に計275台提供する。車体には大会ロゴをあしらった。

アイスペースも20年半ばにランダーでの月周回軌道での探査、さらに21年半ばにランダーを月周回軌道から月に着陸させ、その後に探査車(ローバー)で月面を探査する計画だ。

同氏はジャガー・ランドローバー、ベントレー・モーターズ、アストンマーティンに在籍した後、2015年からテスラに勤務していた。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる