33件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

NICTでは、この課題に対応すべく、レーザーを用いる衛星光通信の研究を進めてきた。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・宇宙通信研究室研...

衛星中継器にチャネライザなどの中継処理能力を持たせて、HTSシステムのビーム間のリソース制御を行う研究も進行している。 ... 私たちは、このような通信状況が変化する衛星通信システム...

人々の活動範囲が地上から、空、宇宙、深海まで劇的な拡大が期待されていることから、私たちの研究室では将来の5G/B5Gネットワークの発展のため、宇宙から航空、地上を含む多層ネットワークのために...

しかし、2010年のスタンフォード大学による概念実証を皮切りに、半導体分野を巻き込んだ活発な研究開発が進められている。... 情報通信研究機構(NICT)では、ローカル5Gの4・7ギガ...

当時、情報通信研究機構(NICT)は技術試験衛星VIII型(ETS―VIII)を用いて衛星センサーネットワークの研究を行っており、その一環としてGPS津波計の研究開発を...

情報通信研究機構(NICT)では、可逆な変換により不要な電力を大幅に削減しつつ、システムのマージンも小さく抑えることが可能な信号処理技術について研究開発を行っている。... (...

そのため情報通信研究機構(NICT)では実証試験などで6G用テラヘルツ無線通信システムの研究開発を進めるとともに国際標準化に向けた取り組みも行っている。 ... 周波...

NICTは、無線トラブルの解決に向けて、業界の垣根を越えて無線通信技術の基礎評価および検証を行うための共同実験プロジェクトFlexible Factory Projectを立ち上げ、多...

情報通信研究機構(NICT)は2017年から、製薬企業との共同研究によって、電波を利用した消化管運動機能の可視化に向けた研究開発に取り組んでいる。... (火曜日に掲載)...

【福島】福島ロボットテストフィールド(福島県南相馬市)と情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク総合研究センター(神奈川県横須賀市)、大分県産...

情報通信研究機構(NICT)では、上記の課題解決のため、大規模衛星通信システムにおけるリソース割り当てとネットワーク構築の最適化アルゴリズムを提案した。... (火曜日に掲載&...

情報通信研究機構(NICT)では、衛星地上間の光通信に影響を及ぼすこの大気ゆらぎの影響を克服すべく研究を進めている。 ... (火曜日に掲載) ...

情報通信研究機構(NICT)では、高速な衛星通信を実現するためKa帯(20ギガ―30ギガヘルツ帯〈ギガは10億〉)を用いた衛星通信の研究を行っている。... (...

情報通信研究機構(NICT)は宇宙光通信分野の長い歴史を持つ。... (火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・宇宙通信研究室研究員...

それには衛星と地上通信システムの統合的なネットワークを考えていく必要がある。 ... 衛星通信はグローバルに地球をカバーできるので、グローバルサイトダイバーシティネットワークの検討が...

(火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・ワイヤレスシステム研究室研究員 菅良太郎 2014年千葉大学大学院博士後期課程修...

情報通信研究機構(NICT)では、安心・安全なスマートモビリティを実現するために「スマート電子カーブミラー」を開発した。 ... 私の研究するスマート電子カーブミラー...

情報通信研究機構(NICT)は、サービスを受けたい自営セルの情報をネットワーク経由で事前に取得し、独立した自営セルに遅延なく接続できる方式を提案している。... NICTは、JR東日本...

(火曜日に掲載) ◇ワイヤレスネットワーク総合研究センター・ワイヤレスシステム研究室研究員 森山雅文 2015年電気通信大学大学院博士課程修...

セルラーなどのワイヤレス通信ネットワークは、基地局やハブといった中央制御装置のコントロールのもとで通信が行われる。... 情報通信研究機構(NICT)は、このような状況を打破するために...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン