317件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

「労働災害危険源抽出AI」は、自然言語を含む大規模データを多角的に分析し、効率的なテキストデータ分類を実現するIBMの人工知能(AI)「ワトソン」を活用したSaaS(サービスとしてのソフトウエア)型シ...

11年にIBMのワトソンというAIシステムが、米国の「ジョパディ!」

同システムは日本IBMのAIシステム「ワトソン」がベース。

ニューノーマルで輝く(24)近畿大学 講義の質問、AIが回答 (2021/6/22 電機・電子部品・情報・通信2)

バーチャルTAは、IBMのAI「ワトソン」の自然言語処理技術を用いた質問応答システム「manaBrain(マナブレイン)」を、近畿大学の講義データを用いてカスタマイズ(個別対応)した。

新サービスでは、米IBMのテキスト情報分析ツール「ワトソンエクスプローラー」をベースに両社が共同開発した分析ツール「AIリスクアセスメント支援ツール」と、業務報告書の自動作成支援システムとを連携。

米IBM、デジタル世紀けん引 成長回帰へギアチェンジ (2021/5/12 電機・電子部品・情報・通信1)

AI「ワトソン」では営業や人事などのビジネス業務の作業時間を半減できる自動化機能を提供する。

AIを用いた素材の新規用途探索システムには、IBMのAI「ワトソン」の機能の一部を使う。

IBMのAI「ワトソン・アシスタント」を搭載したチャットボット(自動応答ソフト)を採用し、学習者の質問に回答する仕組み。

【AI機能も提供】 これまで通りにコンテナ対応のミドルウエア(基盤ソフト)「クラウドパック」のみの販売なども積極化する一方で、クラウドサテライトの仕組みを生かして、IBMクラウド上で...

例えば、目的分子にだけ結合するイムノグロブリン(抗体)やワトソン・クリック塩基対に従って核酸を合成するDNAポリメラーゼ(酵素)の特異性を選択性の高い分子認識素子として利用している。 ...

第2世代クラウド 古豪IT、全方位で攻め (2020/9/22 電機・電子部品・情報・通信1)

その後、AI「ワトソン」を統合。

検索システムは木村情報技術(佐賀市)が作製し、IBMのAI「ワトソン」を搭載する。

米IBM・ベライゾン協業 5G・AIで障害予測 (2020/7/20 電機・電子部品・情報・通信)

ベライゾンが提供する高速・低遅延の5G技術やマルチアクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)機能、IoT(モノのインターネット)デバイスと、IBMの人工知能(AI)「ワトソン」やマルチクラウド、資...

日米IT各社、AIで3密対策徹底 コロナ禍の職場復帰着々 (2020/7/15 電機・電子部品・情報・通信1)

IBMはロックダウン後の職場復帰に向けて、AIアプリケーション(応用ソフト)「ワトソン・ワークス」を打ち出し、データに基づく洞察を基に施設管理やスペースの割り当てなどの意思決定を支援する。 &...

今回の研究は、IBMの東京基礎研究所の研究員やシステム技術者らが担当し、IBMの高性能サーバーと、AI「ワトソン機械学習」などを用いて行った。 ...

米IBMのAI「ワトソン」を用いて2016年に発売した問い合わせ自動応答システム「AI―Q(アイキュー)」を含むAI製品の導入実績は90社を超えた。... 鉄鋼、建設機械、さらに鉄道、電力などを中心に...

IBM、クリシュナ体制始動 「全企業がAIカンパニーに」 (2020/5/18 電機・電子部品・情報・通信)

これを踏まえ、クリシュナCEOは「AIこそがイノベーションの源泉だ」と述べ、「ワトソン」に代表される看板のAI製品・サービスの適用領域を広げる方針を示した。 ... 目玉の一つは「ワ...

明治安田生命はIBMの「ワトソン」を活用して顧客のサービスの品質向上に取り組んでいる。

古巣の日本IBMではスマートシティーや看板のワトソン事業を率いていた。

別途、IBMの質問応答システム「ワトソン」の利用料が必要。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる