652件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.019秒)

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は、FOMCについて「パウエル議長主導で、ハト派の姿勢が維持される可能性が高い。

中堅・中小のSDGs促進 (2021/7/23 金融)

有資格者だけがコンサルティングできる。 ... 一方、三菱UFJ銀行は「ESG経営支援ローン」の取り扱いに力を入れる。... グループの三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港...

私はこう見る ◆環境を意識、転換点に 【みずほリサーチ&テクノロジーズ上席主任エコノミスト・山本武人氏】 発電コストに比重を置き、経済的積み上げで...

銅は再生可能エネルギーのインフラにも使われ、脱炭素化が「今後も相場の押し上げ材料として意識されるのは変わらない」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との声がある。 &#...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「中国経済はある程度の成長率が維持され、中国の価格抑制策や米国の利上げ観測が消化に向かえば、銅は1万1000ドル近辺まで上昇し得る」としつつ、...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「リバウンド狙いの買いが入りやすい水準になってきた」と話す。

目先では、中国の投機規制をめぐり弱含む局面があり得るが、経済正常化の進展などが見込まれる状況では「市場の目線は1万ドルにある」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との見方もある...

「銅相場の上げ材料が多い状況はしばらく続き、経済正常化も進むことで当面は高値が維持されやすい」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との見方がある。

当面は急伸の反動を警戒して相場の上値は重そうだが、「高値は維持されて節目の1万ドルを意識した展開になる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との見方がある。

供給面では中国でのアルミ生産の抑制の動きもあるため、「相場の上昇傾向が見込まれる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との指摘がある。

中国は3月末に農村部を対象にEVなどの販売促進策を打ち出したほか、米国は環境・インフラ投資に巨額の財政をつぎ込む計画で、「相場上昇を支える材料はなかなか消えそうにない」(三菱UFJリサーチ&コンサルテ...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「米長期金利の上昇が一服したことも(金相場の)支え。

国際通貨基金(IMF)によれば、中国の21年の経済成長率は前年比プラス5・8ポイントの8・1%と大幅な伸びが見込まれ、「銅は年後半に1万ドルを超える」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券の藤戸則弘チー...

三菱UFJリサーチ&コンサル、「循環経済協会」を共同設立 (2021/3/17 建設・生活・環境・エネルギー1)

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(東京都港区)とハリタ金属(富山県高岡市)は16日、一般社団法人「循環経済協会」を設立したと発表した。... 事務局は三菱UFJリサーチ&コンサルティングが務める。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員は「株価を含め全般的に調整する局面が出てくる」とみる。

足元の銅相場の高騰は「長期金利の一段の上昇でしか止まらなそうだ」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研究員)との声もあり、目先については強基調を維持する展開となりそうだ。 &#...

年明け以降の上昇が急ピッチだったことで「スピード調整が入るが、年間通しては経済正常化の中で需給が引き締まる方向となり原油相場は高水準での推移となる」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任...

三菱UFJリサーチ&コンサルティングは実質GDPが前期比年率5・7%減に、大和総研は同7・0%減に落ち込むと予想している。

三菱UFJリサーチ&コンサルティング主席研究員の小林真一郎氏は実質で前期比年率5・7%減、大和総研シニアエコノミストの神田慶司氏は同じく7.0%減と予想している。 ... TDBと東...

20年末には約7年ぶりとなるトン当たり7800ドル近辺を推移したが、「3月頃までにはワクチン期待が剥落し、いったん7000ドルを割る可能性がある」(三菱UFJリサーチ&コンサルティングの芥田知至主任研...

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる