494件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.054秒)

世界最大の金ETF(上場投資信託)、SPDRゴールド・トラストは、9月下旬のピーク(1278・82トン)から、昨年末までに100トン超減少したが、その後は、やや減少にブレーキがかかりつつある。 ...

来年3月に「金融緩和の点検」を行うと決めたことに関連し、政策委員の1人は「上場投資信託(ETF)などの買い入れは、より持続性を高めつつ、効果的に対応できるよう備えるのが必要だ」と言及。

大和証券は2022年をめどに、株や債券、投資信託などをパッケージ商品として運用・コンサルティングし、預かり資産残高に応じて手数料を受け取るサービスを始める。... 新たに提供するサービスについて大和証...

新投資家層で市場拡大 【強み生かす】 三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、11月に自社開発した上場投資証券(ETN)3銘柄を東京証券取引所に上...

大規模金融緩和の一環として実施している上場投資信託(ETF)買い入れについて、1人の政策委員は「緩和の長期化が展望される中、政策の持続力を高める工夫の余地を探るべきだ」と主張。... また「より多くの...

SMBC日興証券は、株式やETF(上場投資信託)などの預かり資産残高に応じて手数料を得る「預かり資産残高連動型」の手数料体系を数年内に導入する。... 投資しやすい環境づくりを整え、顧客獲得を目指す。...

金ETF(上場投資信託)残高が投資家の手じまいによって減少していることも相場の重しだ。

金ETF(上場投資信託)の残高減少は、引き続き相場を圧迫しているが、米国の新型コロナウイルス経済対策に絡む期待が下値を支えている。

金ETF(上場投資信託)の残高減少が続いていることから、市場関係者は心理的節目の1850ドル付近で上値が抑えられたとし、この状況がしばらく続くと指摘する。 ... 新型コロナウイルス...

フジトミの青山真吾法人部部長は「投資資金が金ETF(上場投資信託)から、堅調な株式市場に流入している」と指摘。

その一方で、大阪取や東商取の商品先物を活用した新たなタイプの上場投資信託(ETF)や上場投資証券(ETN)の登場を期待する声も聞かれた。 ... 関心のある顧客にはまず、金などの公募...

企業支援と金融市場の安定に向けた国債、上場投資信託(ETF)、不動産投資信託(Jリート)の積極買い入れ方針も継続。

東商取のドバイ原油に加え、来秋には大阪取引所に米国産標準油種(WTI)と連動性の高い指数先物の上場を予定。「グローバルな分散投資の手段になる」と強調する。 さらに「東京証券取引所のW...

日本取引所グループ(JPX)は来秋をめどに、傘下の大阪取引所のデリバティブ市場に「米シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)原油等指数先物」が上場する。円建てのグローバル分散投資や、原油に連動する上場投...

【多種多様】 金に関連した投資商品自体も、商品先物の出来高がピークに達した03年ごろに比べると、今は金価格に連動する上場投資信託(ETF)や純金積み立てなども普及し、多種多様になって...

農林中央金庫と全国共済農業協同組合連合会(JA共済連)は気候変動に伴う環境・社会課題への対応として、気候変動テーマ型上場投資信託(ETF)に投資した。グループ会社の農林中金全共連アセットマネジメント(...

日銀は3月以降、資金繰り支援や円・外貨供給、上場投資信託(ETF)・上場不動産投資信託(J―REIT)の積極買い入れを実施してきた。... ただ、設備投資は「減少傾向にある」と、7月展望の「横ばい圏内...

直近は本店企画局長として、日銀の上場投資信託(ETF)買い入れの増額など、新型コロナウイルス感染症対応の金融緩和策を主導した。

NY金、軟調 金利上昇が圧迫 (2020/8/18 商品市況)

市場関係者は今後、金ETF(上場投資信託)投資家の行動次第で、振れやすい展開になると予想する。 ... 年金基金のような機関投資家や、中央銀行も割高感から買いを見送っているという。「...

金融市場の安定を保つため、上場投資信託(ETF)などの積極買い入れ方針も据え置いた。

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる