電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

115件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

中国政府の不動産対策も効果は限定的なようだ。... 中国の不動産対策も考慮しての上方修正だが、雲行きが怪しくなってきた。 ... 不動産不況への抜本的な対策を講じ、内需拡大を図りたい...

コマツ、中央アジア深耕 鉱山ダンプなど150台販売 (2024/6/25 機械・ロボット・航空機2)

中国工場は足元の不動産不況で余剰感が生じており、中央アジア向けに振り向けることで稼働率を高める。

不動産不良債務処理始まるか 「中国不動産バブルは崩壊した」のだろうか。公式統計では不動産価格の下落は穏やかであり、経営難の大手不動産会社も「破綻」していない。... 異次元の不動産不...

中国の外需依存の背景には、不動産不況を発端とする内需の停滞がある。

不動産不況などで内需が停滞する中、厳しい買い手市場が続く。

ただ、デフレ圧力を強めた不動産不況への抜本的な対策は講じられず、先行きは楽観できない。... 不動産不況は内需や地方財政に影響を及ぼし、小売売上高は前期(23年10―12月期)の伸び率...

また、海外ではインド市場の勢いは当面続くと見られるが、世界最大の中国では不動産不況の影響が長引いている。

輸出はアジア向けが堅調だったが、中国で不動産不況が顕在化して以降、建材やインフラ材などに使う塩ビの需要が低迷した。

現状、世界需要の半分を占める中国は、不動産不況の問題が解決すれば回復するだろうが、かなり難しいとみている」 米インフレ再燃がカギ &#...

中国政府が太陽光パネルの増産を打ち出し、太陽光向けなどのポリシリコン需要は比較的堅調だが、不動産不況などの影響でアルミ合金添加剤向けやシリコンゴム向けは低調だ」 ―金属シリコンの今後...

また23年度は中国の不動産不況の影響を受け、新築需要が低迷しており、23年10月には通期見通しを下方修正した。 ... 不動産不況により新築需要が伸びていない。

ただ同期の不動産開発投資は同9・5%減と大幅な減少。... だが不動産不況などを背景に家計の節約志向が続いており、失業率も全国平均で5・2%と高止まりの状態にある。 ...

不動産不況は続くものの、投資の伸びが全体をけん引した。 ... ただ、不動産開発投資は9・5%のマイナスだった。

中国は不動産不況に鋼材需要が低迷し原材料の荷動きも悪い。

24年に発行する1兆元(約21兆円)の超長期特別国債も景気浮揚効果は一時的とみられ、懸案の不動産不況と雇用不安に抜本的な対策を講じない点が懸念される。

積極財政で景気を下支えする方針は示したものの、懸案の不動産不況と雇用不安の先行きには不透明感を拭えない。... だが不動産市況の改善には至っていない。今全人代では不動産政策を見直し、不動産事業者の資金...

不動産不況の長期化と雇用不安に見舞われる中、2024年の経済成長目標をどの水準に設定するかが焦点だ。... 不動産事業への対応が遅れれば成長率は1・0ポイント下振れするとみている。... 住宅需要の喚...

さらに中国は不動産不況からは脱出できていないものの、電気自動車(EV)や充電設備などの普及でアルミ需要が高まり、海外からの輸入も増えている。

(西沢亮) 中国市場 不動産不況、先行き読めず 「1番低いの...

不動産不況などに伴い、最大の需要国である中国の景気回復が遅れ、ナフサを使用する石油化学市場が改善しないからだ。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン