718件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

NGOは取引先とも宣言を共有し、サプライチェーン(供給網)から人権リスクを排除するように呼びかけている。 ... さらにブローカーが何人も介在し、金銭が二重、三重とやりとりさる場合も...

大日印、本人認証強化 カード会社向け (2020/4/16 電機・電子部品・情報・通信2)

EMV 3―Dセキュアは、利用者の端末情報や購買履歴などからカード情報の不正利用のリスク度合いをオンライン上で判定する「リスクベース認証」を用いることで低リスクの取引はパスワード追加入力を省略できる。...

ネットバンキングの安全性と利便性の両立と、不正資金対策を高度化する狙い。 ... インターネットバンキングの利用が、活動範囲内であるかを特定し取引の可否を判定する。

セキュリティー対策が脆弱(ぜいじゃく)な企業がターゲットにされ、ブロックチェーンでつながる大手取引先が被害を受ける可能性もある。... 「テレワーク勤務者が私有端末の業務利用(BYOD)で会社のシステ...

東芝、東証1部復帰を申請 (2020/4/6 総合3)

東証2部の東芝は、東京証券取引所に対して1部への復帰申請を行った。... ただ、東芝は20年1月にIT子会社で架空取引が発覚した。15年の不正会計をきっかけに経営危機に陥った過去があり、東証も今後数カ...

金融庁は24日、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う金融・資本市場の動揺に対応し、3月末にかけて相場操縦などの不正行為や株価の急変動に対する警戒水準を引き上げると発表した。... 金融庁は証券取引等監...

会社側が不正行為はないとした2017年の土地取引詐欺事件について、和田氏は「単にだまされたのでない。警戒信号を無視し預金小切手という不自然な方法で犯罪集団と取引した。

「EC(電子商取引)サイトなどで購入する際にカードがほしくなる。... 北海道で利用した人が2秒後に沖縄で買い物するなど、そういう不正検知やフィルタリングにこそデータ活用は意味がある」と続ける。...

差出人や件名に心当たりのない不審メールは開封しないことが鉄則だが、取引先になりすましたメールを送り付けられると、感染ファイルを開封する危険性は高い。 ... 企業の情報流出の要因をみ...

55億円の損害が発生した土地取引詐欺事件について、和田元会長は「会社が被害者のように受け取られているが、明らかな不正取引だった」と述べた。 ... 土地取引詐欺事件は2017年6月に...

報告の対象は防衛・宇宙関連や重要インフラ事業者と取引する企業の漏えい事案で、期日は14日まで。... 梶山弘志経済産業相は「不正アクセスにより、企業情報が流出した可能性がある事例が続いており、重く受け...

日本クレジット協会の調査では、19年7―9月におけるクレジットカードの不正利用被害額は前年同期比34・1%増の68億円だった。電子商取引の浸透に伴うカード決済の増加が背景にあるが、10月以降はポイント...

企業統治では日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告らによる報酬不正問題、かんぽ生命保険の不適切契約などがトップ交代につながった。 ... 業種分類は19年下期より、東京証券取引所の「...

業績が伸び始めた13年1月期ごろから徐々に増えていたが、代表が調べたところ「横領」の疑われる不正な取引が複数判明。... 度重なる不祥事が取引先にも漏れ伝わり、受注減に拍車がかかるなか、19年末に自己...

三菱自動車は22日、ドイツの検察当局が排ガス不正の疑いで同社の捜査に着手したことについて、「ドイツ国内の販売会社と研究開発拠点に検察当局が訪れたのは事実だ」とのコメントを発表した。... 家宅捜索を受...

社内調査の結果として防衛や電力、鉄道など社会インフラに関する機密情報や取引先の重要情報は流出していないことを確認済みという。不正アクセスを認識してから半年以上も問題を公表しておらず、同社の情報開示姿勢...

日産自動車は、前会長カルロス・ゴーン被告らによる報酬不正問題の再発防止策をまとめた改善状況報告書を東京証券取引所に提出した。... 報告書はゴーン被告による取締役報酬約123億円の過少開示などを不正事...

【ロンドン=ロイター時事】英国の競争・市場庁(CMA)は8日、交流サイト最大手の米フェイスブックと米電子商取引(eコマース)のイーベイが、虚偽や誤解を招くレビューに対する確認や調査、対応作業を改善する...

レバノンに逃亡した日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告が8日開いた記者会見を受け、同社と取引するサプライヤー幹部からはこんな声が漏れた。... だが西川氏は自らの報酬不正問題で19年9月にトップを辞...

NEC、AI使い証券不正取引検出 ディープラーニング融合 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

NECは人工知能(AI)技術を活用し、証券や銀行、保険などの金融取引におけるリスク・不正対策業務の効率化・高度化を実現するソリューションを順次発売する。... 膨大なデータに混在する多数の規則性を発見...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる