269件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.002秒)

搭載車は世界累計で約1600万台だ。 ... 日野自動車は18年に商用車では世界で初めて「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」を大型観光バスに標準装備化。... 世界保健機関(...

「米中は覇権争いを繰り広げてきたが世界保健機関(WHO)や香港をめぐり、対立はより深まっている」と話すのは、日本貿易会会長(三菱商事会長)の小林健さん。 香港には1400社以上の日系...

意見交換では「世界保健機関(WHO)の一連の対応をどう評価するか」との杉森務副会長(ENEOSホールディングス会長)の質問に尾身会長は「政治的に中立して長年やってきたが、今回は中国の対応を賛美するなど...

認知機能の低下を抑える世界初の治療薬が世に出る可能性が高まった―。... 世界保健機関(WHO)によると全世界の患者数は数千万人にのぼり、今後も増加を予想する。... バイオジェンは軽度AD患者などを...

産業界や行政機関との産学官連携を積極的に支援する。期間は最長2022年12月31日までで、世界保健機関(WHO)が新型コロナのパンデミック(世界的大流行)を収束宣言するまで。

【ワシントン=時事】米国務省当局者は7日、米国の世界保健機関(WHO)脱退を国連事務総長に正式に通知したことを明らかにした。... 国際協調や国際機関を軽視してきたトランプ政権はこれまで、国連教育科学...

大学病院などの研究機関や空港周辺に位置する医療施設など、輸入マラリアの治療・研究を行う約20施設への導入を目指す。 ... 世界保健機関(WHO)によると、マラリアの罹患(りかん)者...

ポストコロナの世界が変わる中で女性の役割も大いに変わる可能性が高いからだ。... 残りの0・2%は世界保健機関(WHO)の基準で飲料水並みの濃度である。 ... 世界からも余計なこと...

米国は国際協力の司令塔である世界保健機関(WHO)を「中国寄り」と批判し、脱退の可能性を示唆する。... コロナ危機を収束させ、世界経済を成長軌道に戻すには、国際協調しか道はない。... 感染の収束が...

約2600人を対象に、世界保健機関(WHO)が定める10歳時の児童のウェルビーイング指数と12歳時の指数を比較した。

18日に世界の新型コロナウイルスの新規感染者数が15万人を超えて過去最多を更新し、景気停滞の長期化懸念の強まりが圧迫材料となっている。 ... 米国の一部の州やブラジル、インド、サウ...

米国やブラジルなど今も世界で感染が拡大している。世界保健機関(WHO)の発表によると8日時点で世界の死亡者は40万人に達し1日当たりの新規感染者は約13万人となっている。 ... 今...

それにもかかわらず、世界のリーダーの多くは、感染拡大後にむしろ支持を伸ばしている。これは国際政治の世界で「旗の下への結集効果」と呼ばれる現象で、過去にも国際紛争や国家の危機時にしばしば起きていた。米調...

世界保健機関(WHO)によれば、18年に大腸がんに新たに罹患(りかん)した患者は約184万人。

2017年のマラリア患者は世界で推定2億1900万人、死亡者は同43万5000人。特にハマダラカが発生しやすい気候のアフリカで被害が大きく、世界保健機関(WHO)アフリカ地域でマラリア患者の92%、死...

イスラム世界全域で祝われ、パキスタンは22日から27日までの6日間を祝日に指定した。 ... 世界保健機関(WHO)は、適切な対応を取らなければパキスタンの感染者数は7月半ばまでに2...

世界が立ち向かうべきは新型コロナウイルス感染症の収束と世界同時不況の回避である。 ... 新型コロナを巡っても、世界保健機関(WHO)の場で、米中対立の代理戦争のような議論が繰り広げ...

リスク分析、今後の開発材料に 【世界で導入進む】 世界保健機関(WHO)によれば、新型コロナウイルスはインフルエンザのように夏になれば収束するようなものではなく、季...

産業春秋/はかりの乱れる時 (2020/5/22 総合1)

世界で「アフターコロナ」「ウィズコロナ」が語られ、ひとまずの収束ムードも漂う。... 第2波への備えや後世のためにも、各国ごとに乱れた基準を整え、世界の実態を把握する“はかりの統一”が必要だ。本来なら...

【ワシントン=時事】米ネットメディア「アクシオス」は17日、米国による世界保健機関(WHO)への資金拠出に関し、トランプ大統領が全面停止を維持する意向を強めていると報じた。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる