1,628件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

いすゞ自動車はタイのピックアップトラックの販売などが好調に推移した。... 日野自は主力のインドネシアの上期の販売台数が同70%減の4051台だった。... 日野自は22年までに「15万台レベルの世界...

7社合計の21年3月期の世界販売は前期比11%減の2360万台となる見込み。... グループ総販売台数は世界で同約2割減まで持ち直した。... 21年3月期の世界販売は8月公表比10万台の上振れを計画...

7―9月期も世界販売が同2割減少したが、営業利益は5060億円に急増した。 ... ホンダは中国を中心に販売を回復したが、4―9月期の4輪車の世界販売は前年同期比2割減少するなど厳し...

北米などで新車販売が新型コロナウイルス感染拡大の影響から想定を上回るペースで回復。... 世界販売は全需の増加に伴い同4万台増の416万5000台(同15・5%減)と上振れを計画。... 中国などでの...

ここに世界最大の石油消費国である米国でのエネルギーシフトが加わろうとしており原油市場は大きな転換点を迎えつつある。 ... 自動車の世界販売シェアで約3割を占める中国は10月に、35...

業績は回復傾向で第2四半期は米国での販売回復や固定費抑制が想定以上に進捗(しんちょく)した。主要市場で新型コロナ拡大で販売店が休業した影響もあり世界販売は前年同期比20・8%減の57万8000台。&#...

主力のインドや日本で生産・販売は回復傾向にあるが、特にインドは予断を許さないという。... 21年3月期の4輪車の世界販売台数は同16・6%減の237万8000台を見込む。... 国内の下期について鈴...

国内も新型スポーツワゴン「レヴォーグ」の販売などで上振れる見通し。 ... 世界販売台数予想を同1万600台増の91万600台(同11・9%減)に引き上げる。 .....

新型コロナウイルス感染症の拡大により最注力地域の東南アジア市場の新車販売台数が落ち込んだことなどが影響した。... 20年4―9月期の世界販売台数は前年同期比41%減の35万1000台。... 21年...

(総合3参照、松崎裕) 川重は20年4―6月期の世界販売が、前年同期比45・5%減の5万4000台と大きく落とした。... 世界最大手のホンダも20年4―6月期の世界販売は中国を除く...

三菱自動車は2030年までに世界販売に占める電動車の比率を5割に引き上げる。世界的な環境意識の高まりや環境規制の厳格化に対応する。... 22年度には主力スポーツ多目的車(SUV)のPHV「アウトラン...

新型コロナウイルス感染症拡大によるトラックの販売台数の大幅な減少や在庫調整が影響する。... 「(販売)台数に依存しなくても収益を出せるようにする」(下義生社長)。 ... 世界販売...

ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)など電動車では、トヨタ自動車が25年までに年550万台、日産自動車が23年度までに年100万台以上の販売を目指す。ホンダは30年に世界販...

(3回連載) 【乗用車/新車販売 米中で復調】 世界の乗用車需要は新型コロナ拡大の影響を受けた4―6月期の低迷から、21年1―3月期にかけて回復傾向が続きそうだ。&...

セイコーエプソン、大容量インクプリンター 世界販売5000万台 (2020/10/8 電機・電子部品・情報・通信1)

セイコーエプソンは7日、大容量インクタンク搭載インクジェットプリンター(写真)の世界累積販売台数が5000万台を突破したと発表した。... 2010年に同国で発売してから、19年度までに販売エリアを約...

トヨタ自動車は世界販売が期初の想定を上回るペースで回復しており、「9月以降も回復傾向が続く」(同社担当者)と見る。

量産効果を高めてコストを抑えつつ、2030年に世界販売に占める電動車の比率を3分の2に引き上げる。... ホンダは30年に販売台数の3分の2を電動車にする目標を掲げる。その中核を担うのが2モーターHV...

車名別の販売でもSUVの好調さがうかがえる。... 「SUVは19年の国内販売全体の2割に迫る勢い。... 富士経済(東京都中央区)によると、35年の電気自動車(EV)の世界販売台数は、19年比11・...

挑戦する企業/クボタ(4)小型建機 (2020/9/11 機械・航空機)

北米、増産で首位うかがう 【世界一誇るMB】 一般消費者からは農業機械メーカーと見られがちなクボタだが、小型建設機械も機械部門の柱の一つ。... 世界販売台数で18...

北米は同社の世界販売台数の3分の1超を占める主力市場だが、ここ数年は業績が低迷している。... 先進運転支援技術の搭載などで商品力を高め、販売を強化する。現地自動車販売店との関係改善、ブランド価値の向...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる