391件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

視点/新常態を変革の好機に (2020/5/26 総合1)

感染第2波が到来しても、活動を極力継続できるような体制を、今のうちに整えたい。 ... 低コストを追求するあまり、適地生産という名の下に、海外の一極に生産を集中させていたことも明らか...

一方で一極集中の輸出拠点としての位置付けは変化する。 ... ヨロズは中国で生産する部品は東南アジアや日本の生産拠点でも同一の品質で生産できる体制を、製品設計の標準化によって実現した...

全社業績は、同2916億円・同13・9%の2輪事業に支えられている状況だ。伊東孝紳前社長が「世界6極体制・販売600万台」を掲げて推進した拡大戦略が頓挫し、生産余剰など非効率が残された結果だ。 ...

世界経済は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて急減速している。... 「非鉄金属資源の有効活用」や「気候変動」といった11の重要課題ごとにありたい姿を掲げ、施策に銅鉱山の生産体制強化や車載用二次...

共英製鋼、加社事業買収 海外鉄鋼を拡大 (2020/2/5 素材・医療・ヘルスケア)

共英製鋼は4日、鉱石粉砕用鋼材の世界大手である米AIPモリコップ(MC)ホールディングス(ネブラスカ州)が保有するカナダグループ会社の鋼材製造・販売およびスクラップ処理事業を買収したと発表した。......

ここまで打った戦略をどう業績に結びつけるのか、水処理大手3社のトップに聞いた。(3回連載) ―中期経営計画はまもなく2年目が終わります。... これで念願の世界4極での事業体制が整っ...

2020 TOP年頭語録/アサヒGHD・小路明善社長兼CEOほか (2020/1/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

【世界戦略始動 アサヒグループホールディングス・小路明善社長兼最高経営責任者】 豪州CUB事業がグループに加わる2020年は日本・欧州・豪州の3極を核としたビールビジネスの世界戦略を...

五神真東大総長は「基礎研究から利用技術につながる研究体制を備えられ、それを担う人材育成を進める」と意気込みを語った。 ... 米国、ドイツに続いて世界で3番目の導入となる。 ...

挑戦する企業/アサヒGHD(17)社長兼最高経営責任者・小路明善氏 (2019/12/19 建設・生活・環境・エネルギー2)

私はチャンスは逃さないことを信条にしている」 ―日・欧・豪の世界3極体制が整いますが、その先の計画は。 「世界3極体制で完成とは思っていない。4極、5極目も検討する...

液化水素は極低温のマイナス253度Cで液化し、豪州から日本までの約9000キロメートルを運搬する高度な海上輸送技術が要求される。... 移動式、コンビニ併設型、セルフ方式など地域の状況に柔軟に対応でき...

NICTでは、太陽研究者と機械学習研究者が連携し、世界に先駆けて太陽フレアAI予報システムを開発、今年4月に運用を開始した。... 次いで、米航空宇宙局(NASA)のSDO衛星画像30万枚を用い、太陽...

陣頭指揮を執る石原美幸社長は「日本、米国、タイの3極体制を確立した。... ―世界経済の減速や国内の需要減少に伴う外部環境の変化をどう認識していますか。 ... 日本、米国、タイの3...

挑戦する企業/アサヒGHD(3)海外で活路を拓く(下) (2019/11/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

日欧豪の3極体制確立 【巨額買収目指す】 「10年前から豪州市場を見てきただけに自信があった」。... こうして世界の日・欧・豪でそれぞれEBI...

日本ビールのトップブランド「スーパードライ」を持つアサヒは2016年から欧州事業を手中に収め、さらに豪州に基盤を築き、日・欧・豪の3極体制を確立する。... 世界に3極体制の足場を固めることになったが...

米中貿易摩擦など世界経済の不透明感を背景に、タイやインドネシアなど主力市場の景気減速や為替影響が利益を押し下げている。... さらに主力のインドネシアが政治情勢の影響もあり、19年4―9月期の販売台数...

水素液化機から液化水素運搬船、荷役基地、水素ガスタービン、ローディングアームなどの関連設備を一貫体制で開発。... 国の水素エネルギー開発計画は、現時点では日本が世界をリードしている。... マイナス...

硫酸ニッケルは、水酸化ニッケルやニッケル酸リチウムの原料として、主にハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの二次電池用正極材料に使われる。 ... (山下絵梨) &#...

さらに中長期的には、日本から部品を輸出している北米にも生産ラインの新設を検討し、世界4極体制の構築を視野に入れる。 ... パナソニックは車載用フィルムコンデンサーで世界シェア首位の...

住友鉱、EV向け電池正極材増産 月4550トン体制確立 (2019/8/22 素材・医療・ヘルスケア)

磯浦工場など設備増強 住友金属鉱山は電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などに搭載される電池正極材料を月間4550トン生産できる体制を確立した。... 磯浦工場は同社の主力工場...

米中だけではなく、現在世界で多極的に貿易体制が見直されている。... 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の期限も残り3カ月を切った。... 通商、視界晴れず ホワイト国・英EU離脱...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる