電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

30件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ヘルスケア産業では、抗体医薬品や中分子医薬品、再生・細胞医療製品などを国内外に展開する姿を示した。

中分子医薬品の製造に提案していく。 ... ブロック単位での反応は合成効率は向上するが、分子構造が複雑になるため副生成物が増える課題があった。

富士通、ペプチド創薬の研究プロセス管理基盤を販売 製薬向け (2023/5/23 電機・電子部品・情報・通信1)

富士通は次世代の治療法として注目されている中分子創薬領域において、ペプチド創薬の研究プロセスを管理するプラットフォーム(基盤)「バイオドラッグ・デザイン・アクセラレーター」を開発し、製...

ペプチドなどの中分子医薬品へ応用を目指す。 ... 二量体の化合物ライブラリーを構築すると医薬品候補として検証できる。

大塚化学(大阪市中央区、土佐浩平社長)と横河電機は1日、核酸やペプチドなどの中分子医薬分野で医薬品受託研究開発製造(CRDMO)事業を行うシンクレス...

小松事業所(石川県小松市)では約40億円を投じて生産支援棟と研究棟を新設、24年中の稼働を目指す。 ... 23年中に着工予定だ。 ... 今夏にも...

経営ひと言/中外製薬・奥田修社長「創薬にAI」 (2023/1/4 素材・医療・ヘルスケア)

抗体医薬品や中分子医薬品など、さまざまな創薬データを持つのが強み。

ラボ自動化10月本格導入 中外製薬は国産初の抗体医薬品である関節リウマチ薬「アクテムラ」の創製など、独自の抗体エンジニアリング技術で存在感を放つ。... AI創薬に本格的に取り組んだ...

「低分子、抗体に次ぐ第3のモダリティ(治療手段)として期待する初の中分子医薬品候補『ルナ18』が臨床試験(治験)入りし、計七つのプロジェクトの治験が始まった。... 成...

中外製薬、中分子医薬品開発を増強 がん・免疫30プロ推進 (2021/12/23 素材・医療・ヘルスケア1)

中外製薬は中分子医薬品の開発を強化する。... 中分子医薬品を化学合成で製造する低分子、抗体医薬品に次ぐ「第3の中核モダリティ(治療手段)にしたい」(奥田修...

日揮、原薬製造棟の建設受注 中外薬系から (2021/11/8 機械・ロボット・航空機1)

日揮(横浜市西区、山田昇司社長)は、中外製薬工業(東京都北区)から医薬品原薬製造棟の建設を受注した。... これまで受注した医薬品向け製造設備の中では、最大規...

医薬品製造受託機関(CMO)も探して生産を拡大し、できる限り供給体制を拡充してきている」 ―初の中分子医薬品「ルナ18」について、固形がん対象の治験が始まりました。&...

医薬品合成などにおける環境負荷や製造コストを低減する代替法として期待される。 アミノ酸がつながったペプチドは、次世代医薬品の「中分子医薬品」などとして広く応用が期待されている。

同触媒は医薬品合成や工業利用などに幅広く使われている。 ... ペプチドは次世代医薬品として注目される「中分子医薬品」となり得るが、4ナノ-6ナノメートル(...

北海道大学大学院の沖野龍文教授らの研究グループは、医薬品などに使われる環状ペプチドの抗菌性を高める新規酵素を発見した。... 次世代医薬品として期待される中分子医薬品の開発への寄与が期待される。...

低・中分子医薬品の後期臨床試験用原薬の製造に加えて、発売後の初期生産も担う。 ... 奥田社長CEOは「中分子医薬品は当社の成長をけん引するモダリティ(治療手段)と位...

中外薬、創薬研究加速 クライオ電子顕微鏡を導入 (2021/6/8 素材・医療・ヘルスケア)

標的たんぱく質と結合した新薬候補化合物分子の立体構造解析に利用する。 ... だが、注力中の中分子医薬品の標的たんぱく質は結晶化が難しいものが多い。... 中分子医薬品を含むさまざま...

核酸やペプチドといった中分子医薬品は、抗体などの高分子医薬品に次ぐ次世代医薬品として創薬研究が活発化している。... 中分子医薬品は特定の対象にのみ作用する特異性が高く、低分子医薬品よりも副作用が少な...

東洋エンジ、味の素から原薬新工場を受注 (2020/12/10 機械・ロボット・航空機2)

東洋エンジニアリングは味の素から、同社東海事業所(三重県四日市市)で計画中の中分子医薬品原薬新工場の建設工事を受注した。... 2020年度中に着工し、22年3月の完成を予定する。&#...

富士通など、創薬候補を12時間で探索 「デジタルアニーラ」活用 (2020/10/14 電機・電子部品・情報・通信2)

中分子医薬品は分子量が低分子医薬品と抗体医薬品(高分子医薬品)の中間に位置し、コストを比較的抑制した上で、副作用が出にくい。ペプチドリームは中分子医薬品の候補化合物の開発を数多く進めて...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン