2,800件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.025秒)

世界シェアが60%以上にもなる製品は270品あり、米国の2倍、中国の5倍と国際競争力も極めて高い。... 設計にはCADを活用し、モノづくりも手作業からロボットへ移行している。

【横浜】テクトレ(横浜市中区、肖書芳社長、045・664・0744)は、同社が輸入総代理店を務める中国のスタンダードロボット(深圳市)製の自律走行型搬送ロボット(AMR)を日本市場で本格発売する。.....

インドは飛行ロボット(ドローン)の組み立てと販売、シンガポールはドローン関連情報の収集と販売を手がける事業所を設置する考え。欧米や日本と同様に、東南アジアでも安全保障面から中国製ドローンを避ける動きが...

ヒト型ロボット「ASIMO(アシモ)」など、ホンダの独創性を象徴する製品を生み出してきた本田技術研究所の再編にも切り込んだ。... 20年に中国車載電池最大手の寧徳時代新能源科技(CATL)と資本提携...

日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。... 「主力製品のサーボモーター、インバーター、ロボットは日本と中国の2拠点体制が整っている」と話すのは安川電機の林田歩理事。... ...

強化課題とする中国や米国でもデジタルプロモーションを展開したい」 ―ジェイテクトの加工機が得意とする車の動力系では電動化が進みます。 ... ロボットなどを含む生産...

ハイブリッドシステムを活用した飛行ロボット(ドローン)の開発に取り組んできた。... 「グローバルでは中国が若干増え、東南アジアはインドネシアがどうなるかわからない。

先週末に比べ約2%高く、中国で新型コロナウイルス感染症が広がる前の2020年1月上旬以来の高値圏を推移している。イスラム教の武装組織が発射した飛行ロボット(ドローン)をサウジアラビア側が迎撃したと伝わ...

2020年下期の新社長 (2021/2/10 下期の新社長)

次世代技術への対応やグローバル戦略を加速 JUKI内梨晋介63経営体制の強化 ...

ファナックは電気自動車(EV)を含む自動車向け産業用ロボットの引き合いが米州や中国で増加する。溶接や塗装など車体周りはエンジン車と同様にロボット需要があるほか、バッテリーやモーターの組み立てにロボット...

日本電産は成長事業に位置付ける電気自動車(EV)駆動モーターやロボット用減速機などの生産増強を加速している。... (京都総局長・松中康雄、孝志勇輔、編集委員・土井俊) 高度な技術・...

UVDロボッツは2020年2月には中国の2000以上の病院に、同年12月には欧州連合(EU)域内の病院に200台以上が配備されている。... 中国では、病院、デリバリー、レストラン、ホテル向けのサービ...

住重は特殊な歯車で衝撃荷重を分散する主力の「サイクロ減速機」に加え、産業用ロボットや協働ロボット、無人搬送車(AGV)の基幹部品となる精密制御の小型減速機に力を入れている。精密制御用減速機は特に、協働...

さらに米中貿易摩擦の影響で、中国の対米輸出企業向けの溶接機需要が落ち込んだ。... 「中国向けのロボット販売が好調。... 政府のグリーン成長戦略については、EVを非常用電源として活用できる『V2X』...

目視外自動飛行で鉄塔の架空電線など 【航路基盤確立】 飛行ロボット(ドローン)による設備点検の高度化などを目的に東京電力パワーグリッド(PG)、...

日本ロボット工業会は28日、2020年10―12月期の産業用ロボットの受注額(会員ベース)が前年同期比35・4%増の2223億円だったと発表した。... 中国やアジア向けが半数以上を占める。... 仕...

物流の混乱は、(2月11日からの)中国の旧正月シーズンまで続くという観測がある。... 両事業の構造改革を進めつつ、中長期で成長が期待できるロボットや商業・産業印刷事業をどこまで拡大できるのか。

中国でパソコン向けなどIT関連で受注が大幅に増加したほか、米州でも一般産業や自動車関係で増加するニーズを取り込んだ。... これまで四半期ベースのロボット受注高は17年4―6月期の629億円が最高だっ...

磁力が強いネオジムはモーター効率を高める磁石の原料となり、EVや風力発電機、産業用ロボットなどに使われている。いずれも中国が力を注ぐ成長分野であることに加え、中間材の酸化ネオジムの生産シェアは中国が約...

中国向け好調、事業規模拡大 半導体ウエハー搬送ロボットの有力メーカー、ローツェ。... 中国の半導体製造装置メーカーの鼻息が荒い」 ―中国の装置メーカーが好調な理由...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる