59件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

一方、中国も、20年9月の国連総会で、習主席が、2060年までにカーボンニュートラルを目指すと表明した。... エネルギーと清浄な大気に関する研究センター(CREA)の分析によると、中国の1次エネルギ...

差配問われる幹事役日本 習近平国家主席は11月20日に行われたアジア太平洋経済協力会議(APEC)のオンライン首脳会議で環太平洋連携協定(TPP)について「加入することを積極的に検討...

【ニューヨーク=時事】中国の習近平国家主席は22日の国連総会一般討論のビデオ演説で、二酸化炭素(CO2)排出量を2030年までに減少に転じさせ、実質ゼロを「60年までに達成することを目指す」と表明した...

2、3月は新型コロナの影響で、中国からの訪日客も激減するのは必至。... 中国の習近平国家主席の4月訪日を延期したのも、五輪開催を最優先にしたとの見方がある。習主席の訪日延期が決まるや否や、9日には中...

政府は5日、4月で調整していた中国の習近平国家主席の国賓としての来日を延期すると発表した。... (総合1参照) 菅義偉官房長官は5日午後の会見で、習主席の来日延期について「(日中)...

習主席、来日延期で調整 (2020/3/3 総合2)

日中両政府は、4月に予定されている中国の習近平国家主席の国賓としての来日を延期する方向で調整に入った。... 菅義偉官房長官は2日午前の会見で、習主席の来日延期が取り沙汰されていることに「現時点で予定...

【北京=時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎は4日、感染者が2万人を突破し、死者も400人を超えた。... 会議を主宰した習近平総書記(国家主席)は「直接の責任者だけではなく、...

菅義偉官房長官は4日の閣議後会見で、中国発の新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大に関連し、今春予定される習近平国家主席の来日について「影響があるとは聞いていない。... 中国政府...

安倍晋三首相は25日、中国の李克強首相と成都市郊外で会談した。来春に予定される習近平国家主席の国賓としての来日に向けた“地ならし”として、サービス業や先端技術分野など経済関係を発展させることで一致した...

日中韓サミットなどで中国を訪問した安倍晋三首相。... 日本国内には、習近平国家主席の国賓来日に難色を示す向きもあり、政府には理解を得る努力が求められる。... 尖閣諸島周辺の公船の領海侵入など日本絡...

安倍晋三首相と中国の習近平国家主席による日中首脳会談が23日、北京の人民大会堂で行われた。習主席は2020年春に国賓として来日する予定で、経済や文化の交流促進などを確認した。... 安倍首相は習主席に...

きょうの動き (2019/12/20 総合3)

■政治・経済■ ◇閣議(20年度予算案決定) ◇12月の月例経済報告(内閣府) ◇安倍首相がイランのロウハニ大統領と首脳会談 ■産業・企業■ ◇ノーベル化学賞を...

印中首脳、11日に非公式会談 (2019/10/10 国際・商社)

【ニューデリー=AFP時事】インドのモディ首相と中国の習近平国家主席が11日、インド南部チェンナイ近郊の港湾都市ママラプラム(マハーバリプラム)で非公式会談を行うもようだ。... ママラプラムでは数週...

習近平国家主席は、毛沢東が70年前に建国を宣言した天安門の楼上で演説し、「偉大な中華人民共和国万歳、偉大な中国共産党万歳」と、強大になった中国を誇示した。 ... 中山服姿の習主席の...

習近平中国国家主席との日中首脳会談で、両国は「自由で公正な貿易体制の推進」で一致した。習主席は「両国関係は新しい歴史的なスタートライン」と強調。

中国の習近平国家主席やトランプ米大統領も大阪トラック創設に賛同した。習主席は「中国はデジタル経済に関する国際協力に参加する覚悟がある」と発言し、トランプ大統領は「他のG20諸国と開かれた公平なデジタル...

安倍晋三首相と習近平国家主席の日中首脳会談が27日、大阪市で行われた。... 会談の冒頭、安倍首相は「正常な軌道に戻った日中関係を新たな段階へ押し上げる」と述べ、習主席は「お互い手を携えて中日新時代を...

【ワシントン、北京=時事】米政府高官は24日、トランプ大統領と中国の習近平国家主席の会談が、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)開催地の大阪市で29日に行われるとの見通しを明らかにした。....

自民党の二階俊博幹事長は4月にも中国を訪れ、中国のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議に出席する方向で調整に入った。... 年内に予定される習近平国家主席の来日に向け環境整備を図るととも...

中国の文芸誌が選ぶ2018年の十大流行語が発表され、1位は「運命共同体」だった。習近平国家主席が外交方針として唱え、3月の憲法改正で前文にも明記された「人類運命共同体の構築」が由来。17年のトップも習...

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる