603件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

高エネルギー加速器研究機構と豊田中央研究所(愛知県長久手市)、大阪大学などの研究グループは、リチウムイオン電池負極に析出した金属リチウムの非破壊での検出に初めて成功した。

各国から寄せられた事例の中に、わが国から、名古屋大学・トヨタ自動車・愛知県などによる高齢化社会向けモビリティー、東北大学災害科学国際研究所の取り組み、京都大学の日ASEAN科学技術交流などが紹介されて...

車両衝突時の全身の傷害が再現・解析可能な人体モデルとして、豊田中央研究所(愛知県長久手市)と共同で開発した。

NEC中央研究所、内閣府総合科学技術会議事務局(ナノテクノロジー・材料、ものづくり技術担当)を経て、2012年より現職。

以前は企業の中央研究所がこの役割を担っていた。... 5―10年先を見据えて中央研究所に知見を蓄えていた」と振り返る。 ... 「米国は大学と民間で研究所を作った。

(火曜日に掲載) ◇ネットワークシステム研究所・ネットワーク基盤研究室主任研究員 梅沢俊匡 横河電機(旧)中央研究所、スタンフォード大客員研究員を経て、2011年N...

「社会に開かれた研究所」を掲げる中央研究所の宮崎淳所長に、果たす役割や成果などを聞いた。(大阪編集委員・広瀬友彦) ―中央研究所はオープンな環境を重視しています。 ...

鹿島は設計・施工する電力中央研究所の「電力中央研究所我孫子地区新本館=写真」が「CASBEE―ウェルネスオフィス認証」を取得した。

トヨタは19年4月に、トヨタファイナンシャルサービス(名古屋市西区)、トヨタファイナンス(同)、トヨタシステムズ(同中村区)、デンソー、豊田中央研究所(愛知県長久手市)と共同でグループ横断の仮想組織「...

その背景として考えられるのは、大企業の中央研究所が縮小あるいは閉鎖されたことだ。 日本において大企業の中央研究所は、博士人材の受け皿としての役割を持っていた。... しかし中央研究所...

中央研究所にて半導体素子、超伝導素子の研究に従事。同社基礎研究所長、支配人、物質・材料研究機構理事を経て、2015年より現職。

ファインバブル水にスギ苗木の生育効果 岩谷産業が発見 (2020/2/20 素材・医療・ヘルスケア)

岩谷は兵庫県尼崎市の中央研究所で2年前から、ファインバブル水によるスギ苗木の栽培実証を開始。

NEC、材料開発AI外販 中研で技術蓄積 (2020/2/12 電機・電子部品・情報・通信2)

これまで中央研究所で熱電材料の開発にMIを適用しながら技術を蓄えてきた。

今後6年間で新棟建設や中央研究所(大阪府茨木市)の移転に計600億円を投じる。

同社中央研究所支配人などを経て、12年より現職。

東レ、未来創造研究センター公開 革新的な技術創出 (2020/1/27 素材・医療・ヘルスケア)

約100億円を投じた同センターは、旧中央研究所の建屋を刷新して2019年12月に開所した。... 先端材料研究所や地球環境研究所など五つの研究所が入居。

不撓不屈/日光金属(4)バトン受け継ぐ (2020/1/10 中小企業・地域経済1)

16年に研究開発に特化した「NIMA(ニーマ)中央研究所」を発足。

「明確なメリットを訴求できるシステムで新規顧客開拓につなげたい」(佐原恭彦中央研究所長)とする。

豊田中央研究所(愛知県長久手市、菊池昇所長、0561・63・4300)は、材料内部の応力分布を結晶粒レベルで計測する技術を開発した。

IT各社、プロセッサーの限界に挑む 現行技術、どう進化 (2020/1/6 電機・電子部品・情報・通信)

「もはやハードウエアだけの進化では性能向上は限界にある」と指摘するのは、富士通研究所の中島耕太ICTシステム研究所先進コンピュータシステムプロジェクト・プロジェクトディレクター。... 半導体技術が行...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/08/15

    8/15、土曜日付記事更新 ※8/17(月)は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる