3,143件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

産業界が注目する中、一連の改革をどう進めていくか新体制の手腕が問われる。... 今回は数値目標の策定以上に大幅未達だった前中計を反省し、計画のあり方自体を問い直したことが大きい。 従...

【京都】京セラは25日、2029年3月期に連結売上高3兆円、税引き前利益6000億円を目指す中長期の事業戦略を発表した。

インタビュー/第一三共社長・真鍋淳氏 1兆円超へ視界良好 (2021/11/25 素材・医療・ヘルスケア1)

中計スタートから7カ月半、現状と今後について真鍋淳社長に聞いた。 ―新中計の進捗はどのような状況ですか。 ... 25年度に4000億円程度と見込まれる売...

経営ひと言/井関農機・冨安司郎社長「中計の出足好調」 (2021/11/23 機械・ロボット・航空機)

中計最終年度の25年12月期の営業利益率目標は5%。

12月に新中期経営計画を発表し、2022年4月には新中計のもと新たなスタートを切る。 ... また、佐藤氏は「次期中計の柱はDX」と位置付けており、グローバル経営を加速させ...

財務分析(32)JFEHD 24年度ROE10%目指す (2021/11/11 マネジメント)

中計で、20年度に赤字だった1トン当たり利益を、1万円にする目標を初めて設けた。 ... 中計ではさらに、有利子負債がどの程度で返済できるかを示すEBITDA(事業...

歴代社長の在任期間や年齢を考慮し、古世社長は現中計が終わる25年度頃の交代が予想される。

中計の後半期間は、11年に就任した野地彦旬氏が率いた。... 現在の中計「YX2023」最終年の23年が交代時期として有力。

現在は旧2社の中計がそれぞれ進行中だが、柳井社長は「23年3月期には新中計を固め、発表したい」と構想する。新中計の質を高めるためにも一刻も早い経営統合効果を発揮することが求められる。 ...

効率化によって創出した経営資源を電動化など新領域に振り向け、中長期的な成長につなげる。... この取り組みによる生産効率化は、中計で目指す25年度の営業利益率8%(20年度実績は0・5%)の達成に欠か...

デジタル変革(DX)や第5世代通信(5G)関連の需要拡大を見込み、中計最終年度には電子材料事業の売上比率を24・3%(21年3月期18・3%)に向上させたい」 ―どのような電子材料を...

30年に向けてグローバルで化学農薬の使用量が減少すると予想される中、現中計3カ年はスマート技術などの次世代技術の基盤を固める重要な期間。

自動車の電動化加速など低炭素化社会が一段と進む中で、今後の自動車向け既存事業は厳しい。... 次期中計以降はアクションに移り、成長につなげていく」 ―足元の景況はどうですか。 ...

22年度からは5カ年の新しい第7次中計が始まる。  村上氏が7年、大野氏が約6年半在任したことから見れば、約4年の芳井社長が次の中計期間を続投してもおかしくはない。

事業環境が変化する中、どう対応していくのか。... (顧客には)製品の値上げへの理解をいただくしかないし、原価改善も引き続きしっかりやっていく」 ―23年度までの中計を策定しました。...

新しい開発センターも24年度の稼働に向け、中計期間中に着工を目指す。... 中計で二つの開発分野を明確にした」 ―具体的には。 ... 新中計では、首都圏の営業強化...

大田浩昭取締役専務執行役員は、中計の目標値として営業利益率やROEを重視する理由をこう話す。... そのため、現中計で利益率向上に向けた効率化のメスを入れ始めた。

2022―24年度の次期中期経営計画中に、ブタジエンゴム(BR)関連の新製品2種類の事業化を目指す。... 宇部興産はVCR新グレードと次世代BRを開発中で、24年度までに事業化を目指す。

―中計の狙いは。  ... 新型コロナ影響からの回復は今回の中計期間中だと見ている。... 次期中計期間中(24―26年度)には5―6倍になる見込みだ」  ―自動車...

ENEOSは化石燃料依存からの構造転換を図る中、今回の買収で再生エネの知見と設備、人材を一気に拡大する。... 太陽光、陸上風力、バイオマスを手がけ、9月時点で運転中の発電容量は約37万9000キロワ...

おすすめコンテンツ

はじめての現場改善

はじめての現場改善

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに
-必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

後継者不在、M&Aもうまくいかないときに -必ず出口が見つかる「縮小型事業承継と幸せな廃業」-

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる