162件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

島田製作所は2018年12月に創業家の事業承継に伴い、投資会社のライジング・ジャパン・エクイティ(RJE、東京都千代田区)の運営するファンドが島田製作所の全株式を取得した。JMACは同ファンドから株式...

埼玉縣信金は、地域活性化に熱心な地域を支援しようと「さいしん まちづくりファンド」を創設した。... 新型コロナを除いた従来の課題としてはマッチング機会の創出、事業承継、人材の確保の三つが強く求められ...

歴史的な低金利により厳しい経営環境が続く中、銀行は海外事業や証券ビジネス、事業エリア拡大に力を入れる。... 創業支援ファンドも設立するなど融資以外の資金支援も充実させ、地域の創業増加に一役買っている...

「全国どこでも同じ問題を抱えていると思うが、事業承継が進まないため廃業が多い。... 学生起業家を支援し、地元に残ってもらう取り組みが必要だ」 ―2018年度からモノづくり分野に関す...

SBI証券は中小企業の事業承継支援を拡充する。... 増員により承継に関連する情報収集を強化するとともに、SBIグループが展開している事業承継ファンドの投資先の掘り起こしにつなげる。 ...

第一号案件としてサーチャーが土木工事業者の塩見組(北九州市若松区)の全株式を取得、事業承継を行った。... サーチファンドは後継者難の中小企業を救う事業承継モデル。... 今後はジャパンサーチファンド...

新ファンドは投資対象地域を中四国地方に拡大。地場企業の事業承継やイノベーションへの支援を通じ、地域経済の活性化を目指す。 ... また、従来は企業の成長を後押しする投資を主目的として...

兆、事業承継支援に参入 経営者候補を紹介 (2019/12/13 中小企業・地域経済2)

兆(きざし)(大阪市西区、近藤保社長、06・6532・5700)は、事業承継の支援事業に参入した。... 支援の第1弾として、東京都内で6店舗の美容院を経営するa.s.i(東京都文京区、石原和夫社長、...

政府・与党は2020年度税制改正で、中小企業の第三者事業承継において売り手に生じた株式譲渡益への課税率引き下げといった優遇措置を見送る方針を固めた。 経済産業省・中小企業庁は、第三者...

銀行が直接出資するインキュベーションファンド、りそなキャピタルと取り組む『事業承継・IPOファンド』など、エクイティ(資本)ビジネスには積極的に力を入れる」 ―理化学研究所との連携を...

ゆうちょ銀行は2日、東和銀行グループの東和銀リースとAGSコンサルティングが共同で運営する地域活性化ファンド「東和地域活性化投資事業有限責任組合」に2億4900万円を出資すると発表した。... ファン...

山善による事業承継支援の一環で、10月に独立系ファンドと共同で設立した特別目的会社(SPC)が石原技研の株式を取得した。

東京都への予算要望として、国連の持続可能な開発目標(SDGs)とテレワークの推進、事業承継支援ファンドの活用に関する3点を重点項目に挙げた。

コンコルディア・フィナンシャルグループ傘下の東日本銀行は、中小企業の創業・第二創業・事業承継の支援を目的とした「東日本銀行 地域企業活性化ファンド」を設立した。... 経営課題の解決を支援し、地域経済...

丸紅が、子会社の投資ファンド運営会社であるアイ・シグマ・キャピタル(東京都千代田区)を通じて、中小企業の事業承継型バイアウト(買収)を進めている。... (浅海宏規) バイアウトファ...

山善は得意先や仕入れ先の中小企業を対象とした事業承継支援の第1弾に、石原技研(栃木県鹿沼市)を選定した。... 山善は取引先や仕入れ先の事業承継支援を目的に、19年から3年間で100億円の投資枠を設定...

中小機構、ファンド事業が成果 設立以来初の黒字 (2019/9/17 中小・ベンチャー・中小政策)

中小・ベンチャー向けファンド市場は活性化し大型化に対応するため、今春、1件当たりのファンドへの最大出資額を引き上げており、“ユニコーン”への成長が見込まれる企業が参画する高収益なファンドや、事業承継、...

最近は投資先が抱える事業承継や人材育成の支援を積極化している。... 長期安定株主として支援するこの姿勢を見ても、短期投資のベンチャーキャピタル(VC)やファンドとは一線を画した存在といえる。 ...

こうした中、3メガ銀行も中小企業の事業承継支援を本格化している。... またみずほ銀行とみずほキャピタルは連携し、事業承継に特化した100億円規模のファンドを本年度中に立ち上げる予定。ファンドを通じ、...

「7月、事業承継・再生支援と創業・ベンチャー支援体制を強化するため、各部門に分散していた事業を集約し、『部』に昇格させた。... さらに、事業承継、創業などテーマごとに専任となる理事を置き、他の支援機...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる