206件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

位置や交通情報など走行車両から取得した、プローブ情報を使った道路交通情報サービス「VICS WIDE」に対応し、ルート案内機能で渋滞を回避しやすくする。

ソフトバンクが米社と合弁 地図開発の基盤提供 (2020/5/21 電機・電子部品・情報・通信1)

ソフトバンクは20日、デジタル地図情報サービスの開発基盤を提供する米Mapbox(マップボックス)との合弁会社「マップボックス・ジャパンJV」(東京都中央区)を設立したと発表した。気象や交通情報などの...

通信技術で駅快適 パナソニック、空間事業拡大 (2020/5/21 電機・電子部品・情報・通信2)

【AR機能活用】 そこでパナソニックは大阪メトロと共同で道案内もできる交通情報アプリ「Osaka Metro Group 案内アプリ」を開発。... 【風景から特定】 ...

顔認証技術を使った車載オーディオシステムでは、事前に登録した個人情報をもとに乗車した際に顔認証を行い、個人の趣味趣向に合わせた最適な楽曲を自動再生する。 ... 今後は交通情報に関す...

また、コネクテッド技術で利用したいと考えるサービスや機能は、ナビ地図データの自動更新が89%、盗難防止と追跡サービスが86%、ビッグデータ交通情報サービスが84%を占めた。

車種の識別や速度計測を行うAI交通カメラと、粒子状物質(PM)2・5を検知する環境センサーを組み合わせた装置を道路に設置。... 関連データを利用し、交通量が少なく汚染物質が多い場合にディーゼル車が多...

パイオニアは4月から9月まで道路交通情報通信システム(VICS)センターなどが関東の1都6県で実施する「プローブ情報を活用した道路交通情報サービス」の実証実験に参画する。同社が集めた交通状況などのプロ...

例えば、交通や医療に関する進展が挙げられる。情報通信のネットワークを信号機や医療機器につなげ、交通情報や磁気共鳴断層撮影装置(MRI)画像などの大容量情報を運転手や医師に高速で転送することで、渋滞の慢...

このほかVR(仮想現実)スコープを活用した道路交通情報通信システム(VICS)体験会やモーター工作教室、クリスマス抽選会などさまざまなイベントが開催される。

住友電気工業は三菱商事と共同で、カンボジアの首都プノンペンから受注した交通管制システムの導入を完了した。... 交通情報を収集して、状況に合わせて信号を制御して交通量を最適化する。 ...

NTTデータ、AIで道路渋滞予測 年末まで実証実験 (2019/8/21 電機・電子部品・情報・通信2)

NTTデータは、エムティーアイ(東京都新宿区)が運営する交通情報総合アプリ「乗換MAPナビ」に人工知能(AI)を活用した近未来渋滞予測情報を提供した。... NTTデータは、道路交通情報通信システム(...

朝の通勤時間帯を含む5時―正午は一般道でも車の通行を制限し、都心に流入する交通量を抑えた。 日本道路交通情報センターによると9時15分時点で計37カ所の高速道路入り口を閉鎖。... ...

車線ごとの交通情報を得るために、日産のほかトヨタ自動車やホンダなど10社の車メーカーが出資するダイナミックマップ基盤(東京都中央区、DMP)の高精度3次元地図を先駆けて活用した。

起床後に「おはよう」と声をかけると、天気や気温、交通情報、ニュース番組を音声で読み上げる機能も備えた。

全地球測位システム(GPS)や信号データ、交通情報といった車外のデータを受信するルーターを設けており入力データの拡張性を持たせている。

オランダのデジタル地図会社ヒアテクノロジーズが、日本での位置情報サービスを強化している。... 衛星測位システム(GNSS)のデータをもとに自車の位置を推定する三菱電機の「高精度ロケータ」と、車の位置...

トムトムは交通状況などをリアルタイムに地図に反映できる技術などが強み。... 交通情報などをリアルタイムに地図に反映する独自技術は自動運転や先進運転支援システム(ADAS)などの利便性向上に役立つ」&...

DeNA、京都でタクシー配車 (2019/4/17 自動車)

後部座席にはニュースや交通情報などが見られるタブレット、クレジットカードや電子マネーに対応した決済端末などの搭載も検討する。

ノルウェー交通情報評議会(OFV)が1日発表した統計によると、3月の新車販売にEVが占める割合は58%に達した。  

自動運転の実現には路車間や車車間の通信が行われ、走行データや交通情報などがつながる社会基盤が不可欠だ。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる