375件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

製造業における部品調達のデジタル革命「meviy」 ミスミグループ本社は1977年に機械部品を規格化し、カタログで販売するサービスを始めた。... 「特注品もカタログのように短納期で...

モノづくり大国でCASE対応 【米部品メーカー、積極的に電動化提案】 自動車メーカーがひしめき合う日本。... インドのIT企業は米国のデジタル革命の担い手として確...

フィッシャーは、ドイツでは創始者のフィッシャー氏が発明した製品で有名で、世界35カ国に従業員5000人以上を有する企業だ。... カイゼンがテーマの中心だった交流も第4次産業革命の進展に伴い、現在はデ...

毎日毎日が開発的要素が多くある仕事なので、モノづくりが本当に好きな人だけが通用する業界です。... 第4次産業革命で技術の進展がかなり早く進んでいます。... 人と共存できる環境つくる ...

【製造業における部品調達のデジタル革命「meviy」】 情熱は細部に宿る―。... これまでにトヨタ自動車など約3万5000人のモノづくりのプロが利用するサービスへと昇華した。......

7日までに700人の参加を見込む。 ... 7日は「劇的に進化するデジタル革命への対応」でトヨタ自動車の山本圭司執行役員らが座談会。... 【D分科会=情報技術革新とものづくり】Io...

「デジタル革命による産業構造の変革期に直面している。... そこで兼業や週1―2回の出張勤務でノウハウの提供を受ける関係づくりが大切。... 加えてリカレント(社会人の学び直し)教育が重要。

空の移動革命に向けた政府の取組 経済産業省 製造産業局総務課長 藤本武士氏 空飛ぶクルマは「電動」「自動」「垂直離着陸」が一つのイメージだ。.....

安川電機は九州工業大学と共同で、食品や医薬品、農業などに利用する人協働ロボットの開発を2021年度から始める。... 人員は発足当初の400人から500人規模まで拡充する。 ... ...

本日も東奔西走/中小企業診断士からの応援歌(230) (2020/1/7 中小・ベンチャー・中小政策)

■空の産業革命 有人地帯(都市部を含む人が住む地域)での上空をドローンが目視外での飛行、つまりその場に操縦者がいなくても飛べるための法整備やルールづくりを政府が22年度を目標に行って...

2019年 第62回十大新製品賞 (2020/1/6 十大新製品賞)

超小型ボディーにより1人分の作業スペースに同ロボット2台の設置が可能。... 【安川電機/食品仕様人協働ロボット MOTOMAN―HC10DTF】 食品を主軸に医薬品・化粧品を加えた...

野島フジキン社長「より良い水素社会の実現に貢献」 超モノづくり部品大賞の贈賞式は受賞企業関係者をはじめ、来賓、審査員など約180人が出席。... 現在進めている第4次産業革命において...

モノづくりの心を探求する(50)歴史のサイクル (2019/11/28 中小・ベンチャー・中小政策)

過去に学ぶ姿勢、SDGs達成にも 【経済・景気循環】 ものづくりの心塾(常盤文克塾長)の11月度は、前月に続き、資源・環境ジャーナリストでもある谷口正次副塾長の著書...

防災・減災に直結する社会資本整備のあり方を足元の課題に挙げ「人口減少時代に無駄なモノをつくらず、いかに安全安心を確保するか」と、その輪郭づくりに着手した。 ... 「iコンストラクシ...

「100年に一度」と言われる自動車革命の時代を迎え、非鉄金属業界にも需要増加や資源価格の変動といった大きな波が押し寄せている。... 原料から先端素材まで一貫したサプライチェーンを強みに最先端のモノづ...

産業春秋/吉野さんの金言 (2019/10/10 総合1)

受賞者は最大3人というノーベル賞の制限が恨めしい。 ... 05年の『モノづくり推進シンポジウム』では「シーズとニーズのギャップを埋める作業を、短期間にいかに数多く繰り返すか」と強調...

地域の魅力に価値プラス 経済再生と財政健全化、少子高齢化、地方創生、第4次産業革命、通商問題、多発する自然災害など、政府の課題は山積している。... 制度づくりが多い出身官庁と違い、...

生産年齢人口は1990年代半ばを境に減り続け、足元ではピーク時から約1000万人減少した。... こうした中、AIなど第4次産業革命の先端技術を活用し、固定化した経営課題の解決に取り組む企業も増えてい...

現場の人たちは、そのように感じ、抵抗し、現場に根付いたモノづくりのハートを守り続けてきた。 ... 現場で起きているリアルなモノづくりが、そのリアリティーを保持したままデジタル化され...

モノづくりの高度化・効率化に寄与する技術やシステムを提案する展示会「スマートファクトリーJapan2019」(日刊工業新聞社主催)と、災害から生活環境を守る技術を集めた展示会「2019防災産業展in東...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる