41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

「新型コロナウイルス感染の状況は、今月初旬段階での累積感染者数が人口の0・33%相当の55万人、死者は8462人。... バングラデシュは人口約1億7000万人で、労働人口の平均年齢は若く、ピ...

経営士の提言/存在意義・歴史と経験に学ぶ(中) (2021/3/18 中小・ベンチャー・中小政策)

少子・高齢化・人口減少への対応必須/若い世代は歴史を学べ 少子化、高齢化、人口減少社会への対応が必要なのは論をまたないはず。 ... 日本の人口8000万...

例えば、インドネシアとフィリピンは本格的な人口ボーナス期を迎え、生産年齢人口や消費の増加が見込まれるため、今後の成長力に注目である。

高齢者ビジネス輸出 中国の総人口は2018年末時点で13億9538万人だった。... しかし、人口増加率は年々低下してきており18年には前年比0・4%増に留まった。 ...

20年頃には15―64歳の生産年齢人口が他の年齢層の2倍に達して需要を押し上げる「人口ボーナス期」を迎える見通しで、「インドの需要がどれだけ増えるかがポイントになる」(マーケット・リスク・アド...

インドネシアは人口が約2億6000万人で、20歳未満の若年層が多く、今後も増える傾向にある。人口ボーナスに支えられ、住宅用地の整備やマンション建設などが進み、公共事業も多い。

そもそも若者の比率が高い人口ボーナス期と、少子高齢化が経済成長の重荷となる人口オーナス期では、働き方が異なる。経済が発展途上で重工業の比率が高い人口ボーナス期には安く大量に作ることが、競争を勝ち抜く必...

労働力人口増加率が全人口増加率を上回る“人口ボーナス”期であり、依然として高い経済成長が続いている。

「国内は少子化で人口ボーナスはない。

フィリピンの平均年齢は23歳(日本は46歳)と若く、人口はASEANで2位の約1億人。労働人口は約4800万人との推計もある。... 公用語が英語であることや人口ボーナスは魅力だ」と話...

同時に外需の衰退、刻々と進む高齢化、労働人口ボーナス減少、工作機械製品の在庫増、過剰な生産力などを背景に、製造業の成長スピードは鈍化した。

いわゆる人口ボーナス期に経済が成長しやすいことは常識に近い知識だ。... 中国経済失速の主因も人口ボーナス終了だと蔡眆「中国社会科学院副院長は度々述べている。... 近年、タイ、韓国、台湾、シンガポー...

「人口がタイの20倍ある中国の経済が2015年までに失速する。... 最大の問題である労働力は、人口動態から容易に予想できる。... 中国社会科学院の蔡昉副院長も、経済失速の主因は人口ボーナスの消失と...

生産人口増、経済成長力に期待 企業が海外進出する際、重視する数字の一つが人口規模だ。... これは日本で2番目に人口が多い神奈川県(約900万人)を上回る人口規模とな...

「タイは人口ボーナス期が終わりつつあり、付加価値が高い産業への転換が不可欠。... タイは高齢化社会を迎え、2024年に高齢者人口が14%を占める高齢社会が来る。

「何と言っても人口。... 人口動態を見ると、2050年には生産年齢人口が現在の5000万人から1億人に倍増する。... 中国をはじめとするアジアでは将来、人口減少に転じていくが、フィリピンは例外にあ...

人口減少が日本の未来に重くのしかかりつつある。... 人口ボーナス期には有効だった「同じ条件の人が長時間働く」成長モデルが立ち行かなくなっているからだ。

今後の非鉄金属相場について、資源の価格リスクマネジメントコンサルタント会社であるマーケット・リスク・アドバイザリーの新村直弘代表取締役は、「中期的には2016年からインドネシアが、2018年からインド...

残念ながら日本の生産年齢人口は確実に減少する。日本の人口は2008年の1億2800万人をピークとして、人口ボーナス国は人口オーナス国に姿を変える。... 40年には団塊ジュニアが定年を迎え、生産年齢人...

■非鉄−“中国の成長鈍化−マーケット・リスク・アドバイザリー代表取締役・新村直弘氏 2015年の非鉄金属価格は、最大消費国である中国の経済成長が労働人口のピークアウトによって鈍化する...

おすすめコンテンツ

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

2022年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2022年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門
材料特性にとことんこだわって解説

図解!わかりやすーいプラスチック材料を使った機械設計実務入門 材料特性にとことんこだわって解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる