電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

1,406件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【ロンドン=時事】家電大手ダイソンが英国の従業員の4分の1以上に当たる約1000人を削減することが9日(現地時間)、分かった。... ハノ・キルナー最高経営責任者(CE...

新社長登場/住友ファーマ・木村徹氏 組織最適化で経営再建 (2024/7/9 生活インフラ・医療・くらし)

業績悪化の要因となった北米の子会社を再編し、人員を2200人からほぼ半減。国内の人員削減も視野に入れる》 「ラツーダで利益を上げた時期が長く、組織が最適化できていない部分がある。国内...

2024年3月期は5期ぶりに当期損益が黒字転換したものの、人員削減や事業の選択と集中といった構造改革の途上にあるコニカミノルタ。

日産自動車は一部工場を閉鎖し、ホンダは人員削減を計画する。

同時にSDP稼働停止と中小型液晶事業の縮小、半導体などデバイス事業の撤退、人員削減などの構造改革策を発表。... 賃貸・人員出向、液晶工場の活用模索 沖津社長の新体制で最初の課題とな...

乗用車8社の世界生産、5月1.5%減 中国で価格競争激化 (2024/6/28 自動車・モビリティー)

電気自動車(EV)を中心とする中国市場のNEVシフトを受け、2023年は三菱自の撤退やホンダの人員削減など事業再構築の動きが進んだ。

シャープは液晶パネルや半導体などのデバイス事業を縮小して人員削減も進め、家電やオフィス機器、通信といったブランド事業に経営資源を集中する事業構造転換を進めている。

日系各社も苦戦を強いられており、三菱自動車は23年に同市場から撤退し、ホンダも合弁会社での人員削減を計画している。

2026年までに、欧州と米国を中心に工場を統廃合し、主に欧州の同事業で1割超の人員を削減する計画。... 人員削減の対象は欧州に軸足を置くC&Eが大半になる見通し。

経営構造改革のため人員削減や持分法適用関連会社であるアルプス物流の株の一部売却を発表していた。

海外でも約1000人の削減を計画しており、削減人員数が定まり次第公表する。 ... 国内外での人員削減もその一環。人員削減関連の一時費用約280億円を2025年3月期連結業績予想に織...

米ルーシッド、400人リストラ EV減速でコスト削減 (2024/5/28 自動車・モビリティー)

規制当局に提出した書類によると、人員削減は7―9月(第3四半期)末までに完了する予定。... EV業界では足元、人員削減が相次いでいる。最大手のテスラが4月、少なくとも人員の10...

米インディード、従業員8%1000人削減 R&D部門を再編 (2024/5/22 生活インフラ・医療・くらし2)

人員削減はここ2年で2回目。... 今回の人員削減は米国で集中的に行われ、研究開発(R&D)部門や、顧客にプロダクトを提供する一部のチームが主な対象になると、クリス・ハイムス最...

OA5社の通期予想、4社が増収営業増益 在庫調整・コスト減寄与 (2024/5/21 電機・電子部品・情報・通信1)

複合機などの在庫適正化が進み業績回復に向かう企業がある一方、人員削減や事業の選択と集中といった構造改革による収益性改善や体質強化を図る企業もあり、各社の試行錯誤は続きそうだ。 ......

16日公表の2027年3月期を最終年度とする中期経営計画では最大4000人の人員削減などを通じて全社の収益性を抜本的に改善し、現在の8・4倍となる売上高営業利益率(ROS)10%...

重複する業務を対象に組織と人員をスリム化して、再成長の土台を作る。... 同日、島田太郎社長が都内で説明会を開き「人員削減は苦渋の決断。... 人員削減などで25年3月期は固定費を減らす。

電子部品8社の通期見通し、7社が当期増益 車載向け堅調に推移 (2024/5/16 電機・電子部品・情報・通信1)

中国経済の減速による影響が懸念される中、人員削減を含む構造改革を進め、注力事業に一段と集中し、筋肉質な企業体質への変化を試みる企業もある。... 例えば、オムロンは構造改革に280億円を計上し、国内外...

カシオ、500人規模の人員削減 (2024/5/15 総合3)

カシオ計算機は14日、2025年3月期中に国内を中心とするグループ全社で500人規模の人員削減を行うと発表した。... 人員削減に伴って発生する一時的費用は精査中。26年3月期の固定費削減効果は約50...

いずれも人員削減する。... 中小型液晶は亀山工場(三重県亀山市)と三重工場(同多気町)の生産能力や人員を減らし、固定費の削減に努める。... 有機EL事業の撤退やアジ...

武田薬、効率化投資 構造改編・DXに1400億円 (2024/5/15 生活インフラ・医療・くらし1)

「組織の機動性」、「調達コスト削減」「データ、デジタル、テクノロジー」の3本を柱に、全社的に効率化を図る。例えば組織の機動性向上においては、組織の階層を減らして意思決定を迅速化するほか、人員削減にも取...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン