154件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

SDGsのコンセプトを基に、人工知能(AI)とハイテクや基盤技術を総合した都市、健康、モビリティーサービスなど社会デザイン・ミッション志向型の新しいSTIエコシステムの開発と実行であり、海外展開も視野...

【イノベ支援】 フランスのマクロン大統領は2018年3月、就任後初の研究に関する本格的な政策である人工知能(AI)に関する国家戦略を公表した。... ライフ・医療分野で人工知能という...

人工知能(AI)を活用したロボットの開発や、地球環境問題の解決、量子技術の向上といった六つの目標を設定する。... 取りまとめの内容は、総合科学技術・イノベーション会議(議長=安倍晋三首相)で報告され...

独ボッシュは人工知能(AI)の本格活用に乗り出す。... AIを用いた製品群を増やすことで、自動運転やコネクテッドカー(つながる車)などの技術革新を促す。... スマートシティーにはさまざまなアプリケ...

(札幌支局長・村山茂樹) 室蘭工大は6月、有識者会議の意見を基に「北海道MONOづくりビジョン2060」を策定。... 具体的には人工知能(AI)を基盤にしたテーマ別の研究体制を構築...

家次恒会長兼社長に戦略を聞いた。 ... 「機器を通じて得られたデータを人工知能(AI)を用いて解析できるプラットフォーム(基盤)を整備している。... 当社はオープンイノベーション...

政府は27日、科学技術政策の有識者会議を開き、量子技術の研究開発や国際的な展開の方針を示す「量子技術イノベーション戦略」の案を示した。... 20年1月ごろに統合イノベーション戦略推進会議(議長=菅義...

内閣府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)の専門調査会では、目標の達成度など12月の中間取りまとめに向け、議論が始まった。... (安川結野) 【想像できず】 &#...

政府は21日、理化学研究所や産業技術総合研究所、情報通信研究機構などが持つ人工知能(AI)関連の研究拠点を中核にした組織「AI研究開発ネットワーク」を12月末までに立ち上げることを発表した。... 会...

中国雲南省で開かれた持続可能性会議に参加した。... 人工知能(AI)、ビッグデータ、電気自動車、デジタル化などエネルギー源として電気が主流になるというものだ。 ... 今回の会議で...

大阪商工会議所などは8月21日、テーマ案を考えるシンポジウムを大阪市内で開催した。... 大阪大学の医学者が日本の先進医療の未来像をモデルルームとして展示したり、起業家が人工知能(AI)で高齢化社会の...

2018年3月の未来投資会議で議長を務める安倍晋三首相が「20年の東京五輪・パラリンピックで自動運転を実現する」と発言。... 7月、内閣府が進める省庁横断の研究開発プログラム「戦略的イノベーション創...

注目は出島戦略。... デジマは、新規事業の開発担当者や人工知能(AI)、IoT(モノのインターネット)などデジタル変革(DX)を活用した事業の実現に取り組む人材を結びつける場。... 技術革新統括本...

6月に大阪市で開かれた主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で、日本は海洋プラスチックゴミによる新たな汚染を50年までにゼロにするビジョンを取りまとめた。 ... 海洋機構...

人工知能(AI)技術領域に20億円、建設・インフラ、防災・減災領域に35億円をかける。... 19年度は、AI技術領域と建設・インフラ、防災・減災領域に合わせて約56億円の配分が決定した。 &...

巨大IT企業は電子商取引(EC)などのプラットフォームを通じて蓄積した多様なデータや、人工知能(AI)技術を駆使し、MaaS(乗り物のサービス化)など新たな価値を提供するビジネスモデルで存在感を強めて...

政府、統合イノベ戦略を了承 (2019/6/20 総合2)

政府は19日、総合科学技術・イノベーション会議(議長=安倍晋三首相)を開き、研究開発の強化戦略「統合イノベーション戦略2019」を了承した。超スマート社会「ソサエティー5・0」の実現に向け、人工知能(...

【性能以外の要件】 人工知能(AI)技術の性能が高まり、さまざまな応用が社会に広がっている。... (金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センタ...

超スマート社会「ソサエティー5・0」の実現や、人工知能(AI)、バイオなどの重点領域の強化戦略を盛り込んだ。戦略の実現に向け、統合イノベーション戦略推進会議が文部科学省や経済産業省などの関係省庁の横断...

政府は11日、まち・ひと・しごと創生会議(議長=安倍晋三首相)の会合で地方創生の基本方針を提示した。... 自動運転と人工知能(AI)を掛け合わせるといった先進サービスを実装する自治体に対し、地方創生...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる