31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

昨今、日本企業の事業や製品構造は劇的に変化している。... 近年は行き過ぎた集中購買を現場に戻そうという流れも一部企業で見られる。 このスピードアップを図るには企業全体で調達購買を重...

また、調達購買部門が新しいビジネスモデルをもたらすような取り組みも一部の企業では見られる。

結論的に言うと、上手にITを整備・活用できた企業が調達購買能力を高めることができる。 ... クラウド技術の進化や機能面の強化と低価格化が一層進もう。... グローバル企業の元CPO...

技術生かす業務進行を 調達購買業務のITシステムではさまざまなツールが開発されており、インターネット技術やクラウド技術の進化もあり、より有効な活用が可能になってきた。 ...

調達購買業務のITはこのようにさまざまなものがあるが、多くの企業は段階的に導入を進めている。... しかし、現状多くの日本企業ではITは部分的な活用に留まっている。例えば、購買実行プロセスのシステム化...

加えて、産業構造の変化が企業に与える影響も大きい。... 今後、日本企業の強みが少量生産型に移行するのに伴い、コスト削減だけでなく、迅速な対応や意思決定が購買担当者に求められる。 ....

SSとはグループ内の複数の企業が、人事、経理、IT、購買などといったサービスの間接部門を共有することだ。SSの活用で、従来ならば企業の数だけあった部門が一つにまとまり、業務の効率化やコスト削減が期待で...

多くの企業で、調達購買の体制は「タテ・ヨコ」型に移行している。「タテ・ヨコ」をどのような配置にするかは企業や事業によって異なる。 ... また、専任者を設置するか兼任とするのかも、企...

高齢化については、多くの企業に共通する課題だ。... この一因は日本企業の調達購買人材のキャリアプランに対する認識不足である。... 多くの企業で明確な方針がない。

■習得スキルの可視化 日本企業は近年、調達購買人材の育成に力を入れ始めてきたが、先進企業においては単に教育を実施するだけでなく、人材育成を仕組みとして定着させている。... 具体的に...

日本企業では調達購買は属人的で、交渉力のある人が優秀なバイヤーと考えられていた。 一方、欧米企業の調達購買は体系的に進化した。欧米企業では、調達購買部門の成果が企業の利益に直結するこ...

■社内外の業務改革推進 間接材購買への取り組みも、環境変化により新しい流れが出ている。 環境変化の一つは、サービス形態の多様化・複合化だ。例えばITの購買では、これ...

■データで適正価格探れ 購買支出は物品に比してサービス品が大きいが、企業におけるサービス品のコスト削減の取り組みは遅れている。... 価格を適正水準に近づけるには、グループ企業の外部...

サプライヤー構造については、日本企業特有の事情による。日本型グループ経営においては、ビル管理や事務委託など、金額規模が大きいサービスをグループ企業に委託する企業が多い。... このような日本企業特有の...

多くの企業がユーザーマネジメントの推進に苦労している。... これらの解決のために、多くの企業が調達購買部門内に、開発出身者など技術が分かる要員で構成する開発購買部隊をおいている。... いずれにして...

近年、特に日本企業においては日本型が重要だと言われている。... このような技術進化に、自社や従来のサプライヤーで全て対応するには無理がある。... その過程においては、日本市場における自社のバイヤー...

一方で、多くの日本企業ではサプライヤーマネジメントを行ってこなかった。... そのため、サプライヤーマネジメントに対して間違った理解をしている企業も多い。... 従来の日本企業の系列関係も、バイヤー企...

互恵やギブ&テイクの購買は多かれ少なかれどんな企業にもある。

■「やる気」喚起と見極め 戦略ソーシングは2000年以降さまざまな日本企業で取り入れられ始めた。... RFI・RFP・RFQ(Request for Information、Pro...

日本企業の調達購買を大きく変えた概念が「戦略ソーシング」。1990年代半ばに、多くの欧米先進企業に取り入れられた手法だ。... 第2は、間接材や役務などの企業支出全体を対象とすることだ。 &#...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる