229件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

ジェネリック(後発薬)と受託による医薬品製造も手掛け、医療業界をさまざまな角度から支える。... 従来の低分子医薬は身体の1点を改善するが、細胞医薬による再生医療は複合的に病気を治せる。... 日本の...

今一番熱い医薬品は何ですか。 「ペプチドドラッグコンジュゲイト(PDC)医薬品だ。標的分子に結合する特殊環状ペプチドを活用し、核酸や低分子など多様な物質を標的まで運ぶ」 &#...

第一三共、ADCエンハーツが国内承認 (2020/3/27 素材・医療・ヘルスケア)

日本では2019年9月に申請し、医薬品の条件付き早期承認制度が適用された。 ADCは抗体と薬物(低分子化合物)を適切なリンカーを介して結合させた薬剤。

リポソーム製剤は副作用の軽減や薬効の向上が期待でき、低分子医薬品や核酸医薬品などへの応用研究が進む。 ... 2019年12月には50億円を投じ、日米欧の医薬品製造品質管理基準(GM...

英国子会社でバイオ医薬品の製造設備を新設する。... FDBKはバイオ医薬品CDMO事業の中核拠点。... バイオ医薬品は化学合成による低分子医薬品では実現が難しい作用を示すのが特徴。

こうしたたんぱく質標的医薬品(分子標的低分子医薬品や抗体医薬品の多く)は、まさに近年の創薬の中心といえる。 ... RNAもたんぱく質同様、立体構造を取ることが明らかになっており、低...

環状分子は他の形状分子と比べて特異的な機能や物性を持つが、合成が困難だった。... 医薬品や触媒、薬物送達システム(DDS)などへ応用できる。... 開発した手法は適用できる分子が低分子から高分子と幅...

金は周辺の分子のラマン散乱を強める「表面増強ラマン散乱」を発現する。... 医薬品や工芸品など付加価値が高く偽造品の問題を抱える製品で需要を見込む。... 金の使用量は少なく低コストで導入できる。&#...

医薬品とテクノロジーの融合、ビジネスの裾野拡大、グローバル化の3点を主要戦略に位置付ける。 素材やデジタルなど新技術と融合させて医薬品の価値を向上し、未病から予後のケアまで事業の幅を...

第一三共、米に乳がん向け新薬 抗体薬物複合体 (2020/1/8 素材・医療・ヘルスケア)

製品名は「ENHERTU(エンハーツ)」で、2019年12月に米国食品医薬品局(FDA)から販売承認を取得していた。... ADCは抗体と薬物(低分子化合物)を適切なリンカーを介して結合させた薬剤。

2019年 第62回十大新製品賞 (2020/1/6 十大新製品賞)

さまざまな分子の質量確認だけでなく、たんぱく質同定や糖鎖・糖ペプチドの詳細な構造解析など多様な難易度の高い分析にも、その場で何度もトライできる。 ... 【安川電機/食品仕様人協働ロ...

エーザイは、オレキシン受容体拮抗薬「レンボレキサント」(一般名)が、米国食品医薬品局(FDA)から新薬承認を取得した。... オレキシン受容体拮抗薬のレンボレキサントは、エーザイが自社創製した新規低分...

第一三共、英アストラゼネカと共同開発薬 米で販売承認 (2019/12/24 素材・医療・ヘルスケア)

第一三共は23日、抗体薬物複合体(ADC)「トラスツズマブ デルクステカン(一般名)」(開発コードDS―8201)について、米国食品医薬品局(FDA)から販売承認を取得したと発表した。... ADCは...

9月には日本新薬が、初の“国産”と呼べる核酸医薬品の承認申請を実施。... (小野里裕一) 【分子標的薬】 核酸医薬品はデオキシリボ核酸(DNA)やリボ核酸(RNA...

ウィッティンガム氏は分子の層間に原子が入り込む現象が電池に応用できることを提案した。... 酸素が不足した環境で細胞へ効率的に酸素を供給するために起きる、血管新生や赤血球増殖などの分子メカニズムを解明...

がん細胞周辺の血管から分子が抜けやすい性質により、抗がん剤ががん細胞に集まるEPR効果を解明。... 磁石と半導体の性質を持つ物質「磁性半導体」を開発し、高性能で低消費電力の集積回路の実現を目指す東北...

日産化学とVIS、核酸標的の創薬で共同研究 (2019/9/12 素材・医療・ヘルスケア)

日産化学はVeritas In Silico(VIS、東京都品川区)と、核酸を標的とする新規低分子医薬品創出に向けた共同研究契約を締結した。... VISは核酸を標的とした中分子、低分子創薬事業事業を...

砕いた製剤に含まれる100ナノ―1000ナノメートル(ナノは10億分の1)の大きさの低分子の微結晶から、水素原子の位置や結合など詳細な結晶構造を解析できた。生活習慣病や花粉症などの低分子医薬品の開発促...

現在、ボストンでの開発は低分子医薬品が全体の8割を占める。今後はバイオ医薬品の割合を高めるつもりだと清田部長は話す。

従来、医薬品産業で存在感を発揮してきたのは海外のスタートアップが多い。... 2016年に米食品医薬品局(FDA)が承認した新薬20品目の中で、ベンチャーが起源のものは15品目。... 国内メーカーの...

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く!  
関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く!  関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる