21件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

感光性導電材を低抵抗化 東レが新材料 (2021/10/21 素材・医療・ヘルスケア2)

車載タッチパネル大型化など対応 東レは20日、感光性導電材料「RAYBRID(レイブリッド)」から、簡単な製造工程で金属メッシュ並みの低抵抗な高精細配線を形...

低抵抗のSiCパワー半導体 日立パワーデバイス、3月サンプル出荷 (2021/1/27 電機・電子部品・情報・通信)

日立パワーデバイス(東京都千代田区、奈良孝社長、03・4564・4415)は26日、抵抗を従来比40%低減した炭化ケイ素(SiC)製のパワー半導体「TED―MO...

特に、燃費向上や低騒音化など、航空機の環境性向上への要請はこれまで以上に強くなるだろう。 宇宙航空研究開発機構(JAXA)では、これまで機体の低抵抗化技術の一つとして...

ウエハーを超低抵抗化 【単結晶成長技術】 日本が世界をリードするパワー半導体はさまざまな電力制御技術に応用されてきた。... 我々は窒素とアルミニウムを同時にドーピ...

三菱電、SiC製MOSFET開発 素子抵抗率半減 (2019/10/8 電機・電子部品・情報・通信2)

2021年度以降に家電製品や産業機器、自動車など低電圧用途での実用化を目指す。 ... 同構造は従来より多くの電流を流せるが、各トランジスタセルの電極間を狭くすると素子抵抗率が上がり...

三菱マテ、アルミ合金加工用インサート 切りくず処理改善 (2019/7/4 機械・ロボット・航空機2)

強すくい角設計により、加工時に低抵抗化でき、刃先を鋭角にすることで優れた耐溶着性を発揮。

電極には、従来使われることの多かった銀と比べて低価格の銅を使用する。電極はできるだけ太陽光を遮らず発電効率を高めるため、細線化しつつ低抵抗化する必要があり、銅の極細メッキ技術を確立した。... 薄膜シ...

コベルコ科研(神戸市中央区、川田豊社長、078・272・5915)は、低反射で低抵抗を特徴とするアルミニウム合金系タッチパネル用電極材料を完成した。アルミ配線に積層する低反射層もアルミ...

JDIの独自技術であるピクセルアイズは、従来は別部品として取り付けていたタッチパネルが不要になるため、ディスプレーモジュール(複合部品)の薄型・軽量化や透過率向上を実現できる。 ...

同社従来品のフェライト材料を採用したコイルと比べて1・8倍の電流を流せるほか、40%抵抗を抑えた。... これによりサイズが2ミリ×1・6ミリ×1ミリメートル品で定格電流が...

一般に、半導体にホウ素やリンなどの不純物を添加すると電気抵抗が小さくなる。... 私たちは、欠陥の発生を極力抑えながら不純物を非常に高濃度に添加して低抵抗なダイヤモンド薄膜を作製する独自の技術を開発し...

電力変換機器の省エネルギー化や小型化が可能。... 他社の形成法に比べ、工数が少なく低コストになる。 他社量産品のオン抵抗の最低値が20ミリオームのところ、デンソーの技術では13・5...

電子機器向け小型品を展開し、薄型・低抵抗化での商品開発を進める。

結晶系太陽電池では主流となっている構造だが、独自技術であることを主張し、差別化技術に位置づける。... 3本バスパー電極構造は太陽電池セルの受光面積拡大と電極の低抵抗化を両立し、光電変換効率の向上に直...

【京都】ニチコンは27日、スマートメーター(通信機能付きの電力量計)用に抵抗値を抑えたリード線形電気二重層コンデンサー「UKシリーズ=写真」を4月に量産すると発表した。活性炭の...

インサート(刃先交換チップ)は両面4コーナー仕様で、曲線切れ刃と大きなすくい角により低抵抗化を実現した。

銅への代替で大幅なコストダウンが図れるほか、電極の低抵抗化と細線化を実現できる。 ... 今後、量産化に向け開発を進める。... しかし、銀が高価なほか、電極の低抵抗化や細線化が課題とされてい...

大電流が流れる回路の過電流を検出する際などに用いる「シャント抵抗」を測定する。... 同抵抗計はシャント抵抗の中でもより低い抵抗値である「低シャント抵抗」を高精度に測定できる。 .....

LiCは補助電源などに利用でき、エネルギーを効率利用するためにさまざまな業界でLiC搭載製品の開発が活発化している。... また、電力の回収効率を上げるため低抵抗化にも取り組む。 さらに、現行...

電極配置を工夫し、定格電力0・5ワット、20ミリオームの低抵抗にした。... 抵抗器内部で複数の抵抗素子を並列接続でき低抵抗化を可能にした。小型、高出力、低抵抗でハードディスク駆動装置、パソコンなどの...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン