40件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

テストー、環境計測システム 3000チャンネルに対応 (2020/10/29 機械・ロボット・航空機2)

低温域ではマイナス200度Cまで対応するプローブがあり、超低温冷凍庫にも適用できる。

70―95度C程度と比較的低温の廃熱からの発電効果を確かめる。... ORC発電機は水より沸点の低い媒体を使い、低温域の蒸気などを発電に利用できる。

600トンプレス機2台のほか、温間加工の低温域(300度C前後)で精密加工できるプレス設備、ロボットによる自動搬送設備などを導入した。

東京大学とパナソニック、東京工業大学、神奈川県立産業技術総合研究所の研究グループは、100度C以下の低温の熱水廃熱を長期間蓄えられる蓄熱セラミックスを開発した。... 従来は再利用が難しかった低温域の...

その結果、100度C以下の低温域で、物理吸着した水分子による高い表面プロトン伝導性を確認できた。 ... そのため、低温でイオン伝導性を持つ固体電解質膜が求められている。 &...

日本精線は低温域(マイナス40度C)の高圧水素環境下でも高い強度と靱性を発揮するバネ用ステンレス鋼線「ハイブレム―S」を開発した。... さらにFCV充填時には圧縮で高温化した水素を低温冷却する。ただ...

室温から200度Cの低温域の熱源を利用し、IoT(モノのインターネット)機器の自立電源システムの開発が期待される。

現在は450度C、200気圧での大量合成法が主流だが、低温低圧の製造プロセスが確立されると小規模な生産供給体制の確立が期待される。

高温域と低温域の温度差によって材料内で電子が動いて電流が発生する仕組みだ。原材料の違いによって電子が高温域から低温域に動く材料と、低温域から高温域に動く材料を作り分け、交互に組んで回路を形成する。&#...

NOx、低温で高速分解 物質・材料研究機構エネルギー・環境材料研究拠点の阿部英樹主幹研究員は、高価な白金族金属を使わないニッケル系排ガス触媒を開発した。200度C...

印刷工程を使うことでコスト削減するほか、低温域では石英の代わりに安価なガラス基板を使って1枚当たり500円程度に抑えることも検討している。

クボタ、北米に水・環境事業の開発拠点 (2016/7/29 機械・航空機 2)

膜を使った水処理装置の低温域での性能向上や省エネ運転など、現地の気候や水質に合った膜システムの設計・運転管理に関する研究開発を強化する狙い。

三菱電、低温域の除湿可能−ハイブリッド産業用除湿機 (2016/1/26 電機・電子部品・情報・通信1)

大型の冷凍冷蔵倉庫や食品貯蔵庫など、3―10度Cの低温域の除湿が可能。... ハイブリッド方式産業用除湿機は、ヒートポンプの熱交換器で取り除けない低温域の湿度を除湿剤で吸着。... 低温域などの需要増...

マイナス55度Cまでの極低温域でも安定した特性を保ちながら、高容量化、長寿命化を実現した。

製造ライン環境に合わせた低温域での検証ができる。

リンゴ本来の香りを十分、引き出すことをコンセプトに、皮ごと砕いたリンゴから搾った香り高い生ジュースに酵母を加え、4度―8度Cの低温域で発酵させている。

環境負荷が低く、低温域の省エネルギー性能が高い二酸化炭素(CO2)冷媒専用の冷却器を庫内に採用。

エスペック マイナス85度Cの超低温域を制御する低温保存試験や温度特性試験向け装置「小型超低温恒温器ミニサブゼロ」を改良し発売した。

1000度C程度の比較的低温域で処理するため浄化土壌の性状は大きく変化せず、覆土や盛土などへの再利用が可能という。

銅―アルミニウム―マンガン合金が極低温でもゴムのような性質を示すことが分かった。... 変形させる力と回復力の差が大きいほど、極低温域での超弾性が失われていた。銅合金は約900度C以下の温度域で冷却と...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる